マツコ、家電製品の値段交渉で「1番嫌われる」方法を語る

2019.2.7 17:50

マツコ、家電製品の値段交渉で「1番嫌われる」方法を語るサムネイル画像

マツコ・デラックス

6日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演したマツコ・デラックスが買い物について語った。

番組では、自宅のテレビを大きいサイズに買い替えたいが値段が気になるという有吉弘行にマツコが「結局まけるよ」と値引きができると助言した。

これに有吉は「俺、気弱いっていうかああいう時ちょっと遠慮しちゃうっていうか」と値段交渉が得意ではないと発言。マツコは「大丈夫、大丈夫。まける。滅多に出ないから向こうも。『買うんですか?』みたいな」と店側も高額商品だと安くしてくれる可能性があると話した。

続けて「私も1人に決めちゃってるから」と同じ店の同じ店員から毎回購入すると話すも「転勤しやがって。それから行くの怖くなっちゃって。また一から関係築かなきゃと思って」と悩んでいる様子を覗かせた。

有吉が「どうやって言うの?」「甘えるんでしょ?また」と交渉の方法について質問すると、マツコは「おっさんの姿だからね」と買い物に行くときは女装はしていないとして「はっきり言う。『私、死ぬまでここで買うよ』」と店員にかける言葉を明かした。

また、有吉が「『いくら下げて』ってお願いするの?」と聞くと、マツコは「いくらとは言わない。『どうなの?あるわけでしょ?ギリギリの線が』って。『お互いにもうさ、昨日今日の仲じゃないんだからさ、そこ腹割って話そうよ』って」と具体的な値段は提示せず、店側の許容金額を教えてもらうと説明し、「やっぱ1人の人と長年構築しておくのがいいよね」と語った。

さらにマツコは「『買います』って言ってからでも大丈夫よ」として「大丈夫。勇気持って、本当に」とアドバイスを送ると、有吉は「あれ見せたらいいのかな。価格.comとか」と比較サイトを店員に見せればいいのかと投げかけ、マツコは「それ1番嫌われるわよ」と指摘し、笑い声をあげた。

そんなマツコは以前、別番組に出演した際、クレジットカード会社から電話で「ドン・キホーテで6万円も何買ったんですか?」と言われたと明かし、「『何買おうが私の勝手じゃないのよ!』って言って」と振り返っていたことがあった。

関連画像

関連記事