志尊淳、トイレに閉じ込められた過去「1人で慌てて…」

2019.2.6 11:15

志尊淳、トイレに閉じ込められた過去「1人で慌てて…」サムネイル画像

志尊淳

4日に放送された日本テレビ系『世界まる見え!テレビ特捜部』に出演した志尊淳がトイレでのエピソードを披露した。

番組では、“世紀の脱出&脱走SP”と題し、世界の脱出や脱走にまつわる出来事を紹介していった。その中でゲスト出演した志尊に対し、番組MCの所ジョージが「脱出したことがあるんですって?」と話を振った。

これに志尊は「スタジオでですね、撮影をしてる時に」と話し始め、「スタジオのトイレって結構1人用男女兼用ってあるんですけど」と1人用のトイレに入ったとして、「いざ出ようとした時にですね、ドアノブがガチャって外れちゃったんですよ」と振り返った。

続けて「ビクともしないんですよ」とトイレから出られなくなってしまったとして、「1人で慌ててしまって『どうしようどうしよう』って。扉も思いっきり蹴ってもビクともしない」と閉じ込められたと明かした。

そして「『トイレに閉じ込められちゃったんですけどー!』って」と内側から人を呼んだが、反応がなかったと話し、「20分ぐらいしたらマネージャーさんが『何やってるんですか?』って言ってガチャって向こうから開けてくれた」と体験談を語った。

志尊は、テレビ朝日系『ハケン占い師アタル』に出演。本作は、杉咲花が主演を務め、“あらゆるものが見える能力”を持つ派遣社員が、閉塞した会社に風穴を開けるという“お仕事ドラマ”となっている。

関連画像

関連記事