いきものがかり・水野良樹、『紅白歌合戦』で6回警備員に止められた過去「誰ですか?」

2019.2.6 7:30

いきものがかり・水野良樹、『紅白歌合戦』で6回警備員に止められた過去「誰ですか?」サムネイル画像

いきものがかり

4日、テレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』にいきものがかりの水野良樹が出演した。

番組には“ショート激レアちゃん”として水野が出演。いきものがかりは『NHK紅白歌合戦』に9回出場したが、その内の6回は水野だけが警備員に止められたとして「『誰ですか?』みたいな、『どちら様ですか?』みたいな」と警備員にアーティストだとわかってもらえないことが多いと振り返った。

水野は「正直地味だしオーラ的なものは全くないですし」「どうやったらスター感が出るんですかね?スターじゃないからしょうがないんですけど」と自虐的なコメントで笑いを誘った。

さらに2015年の『NHK紅白歌合戦』では「多分新人の若い警備員さんが僕を止めた時に、その奥にいる見るからにベテランな警備員さんがニヤニヤしてたんですよね」と警備員らの様子を明かし、「『お前もその間違いを犯したか』みたいな」「若手警備員さんの試練というか、最初の課題というか」と自身の存在が若手警備員の試練になりつつあると語った。

いきものがかりはFC限定ツアー『いきものがかりファンクラスツア~モゥ集牧だよー!2019~』を開催。3月26日のサンシティ越谷市民ホールを皮切りに5月15日まで各地を巡る。

関連画像

関連記事