DAIGO、“総理の孫”を公表したキッカケを明かす「もう、おじいちゃん解禁」

2019.2.5 11:30

DAIGO、“総理の孫”を公表したキッカケを明かす「もう、おじいちゃん解禁」サムネイル画像

DAIGO

2日、日本テレビ系『嵐にしやがれ』にDAIGOが出演した。

番組では『DAIGO記念館』と題してゲスト出演したDAIGOの半生を紹介。DAIGOは竹下登元総理の孫であることを隠してバンド活動を行っていたと振り返り「ロックと政治ってちょっと相反するものだったりもするし」「祖父の孫ってことでデビューすると、『絶対何かパワー使っただろ』みたいな風に思われるのが嫌で」と当時の心境を語った。しかし、漫画家の姉が“元総理の孫”として番組出演オファーを受けた際、DAIGOも出演するように働きかけたという。

その際、出演を悩まなかったのかと聞かれるとDAIGOは「僕の大先輩でJanne Da ArcでAcid Black Cherryのyasuさんっていう方がいて」と大先輩のミュージシャンであるyasuの名前をあげ、「その方に相談したら『家族だしもういいんじゃない?』みたいな。『逆に隠してることの方が不自然なんじゃないの』みたいな感じで言ってくださって」とyasuの言葉を明かした。

続けて「じゃあもう言っちゃおうと思って」「これはもう、おじいちゃん解禁だ!みたいな感じで」とその言葉をきっかけに公表したと明かし、スタジオは盛り上がりを見せた。

そんなDAIGOは以前、L’Arc~en~Cielのヴォーカル・HYDEとプライベートでの交流や会話について語り、ネット上では「テンションあがる」「王子と天使じゃん」などの声が数多く寄せられていた。

関連画像

関連記事