森三中・大島、結婚後に営業先で怒鳴られたエピソード「怖すぎる」

2019.1.23 20:40

森三中・大島、結婚後に営業先で怒鳴られたエピソード「怖すぎる」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

22日に放送された日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演した森三中の大島美幸が過去の仕事で起こった出来事を披露した。

番組では、“埼玉VS群馬VS栃木VS茨城 首都圏4県が大激突SP”と題し、それぞれの出身者が地元の魅力についてトークを展開した。

その中で、栃木県出身の大島は「申し訳ないんですけど」と茨木県出身の出演者たちへ前置きをして、「前に森三中と三瓶で茨木の営業に行ったんですね」と話し始めた。

続けて、楽屋のテントで控えていたとして「テントを蹴って『調子こいてんじゃねぇぞ。結婚したからって調子こいてんじゃねぇぞ、コラ!』って言うんですよ」と結婚後の大島に対し、茨城県民の若い男性が怒鳴ったと振り返ると、共演者たちは「怖すぎる」とコメント。

「テントの間の隙間から『調子こいてんじゃねぇぞ、コラ!出て来い、コラ!』ってずっと言ってんですよ」と隙間から覗き込まれたと明かし、「もう本当、土浦行きたくない!」「怖い!」と泣きそうな表情で心境を覗かせ、笑いを誘った。

さらに「本当にみんなでうずくまって、三瓶と村上と3人で」と当時の様子を再現し、「黒沢さん、なんとか言ってくれる(と思ったら)、全然言ってくれないんですよ」と茨城県出身で同じトリオの黒沢かずこについても触れた。

番組MCの明石家さんまに「なんでお前、地元やから『あんたらやめなさい』って言えへんかったんや」と聞かれると、黒沢は「いや怖かったんですよ」と地元ではあるが自身も怯えていたと明かし、共演者たちは笑い声をあげた。

芸能人が地元について語ったことは他にもあり、以前中居正広が別番組に出演した際、自身の地元の友達の話をしていると、笑福亭鶴瓶が「中学時代なんも勉強せえへんかった…」と発言し、中居は「『何も勉強してない』そこは訂正してください」と発言の訂正を求め、笑いを誘っていた。

関連画像

関連記事