V6三宅健の独自の“敬語ルール”に「気持ちいい!」

2019.1.17 17:30

V6三宅健の独自の“敬語ルール”に「気持ちいい!」サムネイル画像

16日、フジテレビ系『TOKIOカケル』にV6の三宅健が出演した。

番組ではゲスト出演した三宅のイメージを調査するコーナーが行われ、TOKIOの長瀬智也は「誰にでも敬語を使わなそう」と発言した。続けて「嫌な意味では無くて、やっぱすごいフレンドリーな奴なんですよ」と三宅の性格を説明。

これに三宅は「敬語は使います」と、人によっては敬語を使うと話し、39歳の三宅は52歳の東山紀之には敬語を使っていると紹介された。さらに4年先輩で42歳の松岡昌宏も「え、でも健俺に敬語だよ」とコメント。

しかし、5年先輩で44歳の国分太一は「俺、敬語じゃないよね?」と三宅に敬語を使われていないと明かし、出演者は笑い声をあげた。

長瀬が「この差は何なの?」と質問し国分も「それ何でなの?」と問いかけると、三宅は「まぁ、人を見てるっていうか」と返答。国分は「気持ちいい!そこまで言われたら気持ちいいわ!」と笑顔を浮かべ、スタジオは盛り上がりを見せた。

V6は16日に50th Single『Super Powers/Right Now』をリリース。『Super Powers』はアニメ『ONE PIECE』の主題歌となっている。

関連画像

関連記事