真木よう子が明かした“イライラしたこと”にネット反響「ほっこり」

2019.1.16 20:30

真木よう子が明かした“イライラしたこと”にネット反響「ほっこり」サムネイル画像

15日、テレビ東京系『ありえへん∞世界』に出演した真木よう子が娘とのエピソードを披露し、反響を呼んだ。

真木は“最近イライラした話”として「すごくお手洗いを我慢した状態で、自宅に帰ったんですね」と帰宅中の出来事を話し始め、「その時、9歳の娘と一緒に帰って『ママ…もうやばい…』って言って」と娘にも自身の状況を伝えていたと語った。

続けて、自宅に向かう際にエレベーターを使用し、気を紛らわすために足踏みをしていたと説明。「そしたら、娘がその足踏みに合わせてミッキーマウスのテーマを歌い出したんです」と娘が真木の動きに合わせて歌を歌い出したと振り返った。

「それで、吹き出しちゃって」「吹き出したら腹筋を使うから、本当にマジで漏れる5秒前になって」と娘の歌で笑ってしまい危機的状況に陥ったとして、「で、『ミッキー本当にやめて!』って言って。でもずっと歌うんですよ、これ(動き)に合わせて」と制止の声をかけても娘は歌い続けていたと話した。

真木は「わざとなんですよ。『タッタラータッタラー』言いやがって!『コイツ…』と思って」と悔しさを滲ませた様子でコメントし、スタジオからは笑い声があがった。

このエピソードにネットでは「真木よう子さんの娘さんのミッキー…ほっこり…」「真木よう子超面白いんですけど」「めちゃいいキャラしてるな~」「真木よう子ウケる!笑笑」などの声が寄せられていた。

真木は1月21日より放送開始となるドラマ『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」に出演。本作は真木が演じるトラブルメーカーと噂の銀行員・原島浩美が業績不振のダメ支店を救うストーリーとなっている。

関連画像

関連記事