大橋トリオプロデュースのピアノ姉妹連弾ユニット・Kitri 1st EP「Primo」先行配信スタート

2019.1.16 12:00

大橋トリオプロデュースのピアノ姉妹連弾ユニット・Kitri  1st EP「Primo」先行配信スタートサムネイル画像

Kitri

作曲家で音楽プロデューサとしても活躍するアーティスト、大橋トリオがプロデュースを務める、ピアノ連弾ボーカルユニットKitri (キトリ) が、1月23日に日本コロムビア・ BETTER DAYSレーベルより1st EP「Primo」を発売する。

これに先駆け、本日1月16日に各音楽配信サイトに先行配信をスタートした。

Kitriは京都出身の姉妹からなるピアノ連弾ユニットで、姉のモナは作詞作曲、歌、ピアノはSecondo(低音部担当)、妹のヒナは、ピアノはPrimo(高音部)、そのほか、ギター、パーカッション、コーラスも担当。メジャーデビュー前ながら、リード曲「羅針鳥」の 独創的なサウンド がクセになると、動画サイトやSNSで口コミで話題となっている。またCDの発売日である1月23日には収録曲「細胞のダンス」の映像も解禁される予定だ。

1st EP「Primo」は、彼女たちの尊敬する大橋トリオがプロデュースを手掛けている他、リード曲である「羅針鳥」(らしんどり)は、本人によるピアノアレンジのほか、シンガーソングライターであり大橋トリオのドラマーでもある神谷洵平 (赤い靴)による編曲、METAFIVEメンバーでありYMOのサポートメンバーでもあるゴンドウトモヒコがユーフォニアム、フリューゲルホルンなどで参加している。

今月からリリース記念ツアー <Kitri Debut Live Tour 2018「キトリの音楽会#1」>がスタートする他、彼女たちの魅力は音楽だけにとどまらず、今回公開された自画像など、自身で発信するSNSでもその独自の世界観に触れることができる。

2019年ブレイクが期待されている姉妹ユニットに、今後もますます注目が集まりそうだ。

関連画像

関連記事

関連リンク