オードリー若林、弘中アナの高校時代の“反省文”に「悪そうだな」

2019.1.16 7:15

オードリー若林、弘中アナの高校時代の“反省文”に「悪そうだな」サムネイル画像

オードリー・若林正恭

14日、テレビ朝日系『激レアさんを連れてきた。』で弘中綾香アナウンサーが高校時代について語るシーンがあった。

番組には“激レアさん”として、少年院で反省文を書きすぎたあまり文章力がメキメキ上がり、敏腕新聞記者になった元暴走族の男性が出演。10代の頃は改造バイクに乗り、暴走族の副総長として活動していたと紹介された。

その後、少年院に入ってからぐんぐんと文章力が上がっていった過程を弘中アナが説明していると、番組MCのオードリー・若林正恭は「そう考えるとやっぱ反省文って効果あるんですね」と感心した様子でコメント。弘中アナも「『何で書かなきゃいけないのかな』って思ってましたけどね」と同意した。

これに若林が「書かされたことあるの?」と聞くと弘中アナは「ありますあります」「高校生の時とか」と高校時代に反省文を書いたことがあると発言した。

続けて若林が「何やって書かされたの?」と反省文を書くことになった理由を尋ねると「言ない言えない」「法には触れてないです」と返答。

さらに「変なバイク乗ってた訳じゃないもんね?」と言われると「乗ってない乗ってない、もうちょっと知的な悪さをして」と返し若林は「悪そうだなそれ!」と笑いながらつっこみを入れていた。

以前同番組内では、女優・南沢奈央との交際が破局したと公表した若林に弘中アナが「最近私の周りで、友達なんですけど」「若林さんのことがかわいいっていう子が結構いるんですよ」と切り出し、若林は「何その、トラップにはめるみたいな」「新しい引き出し方するねー。あるねやっぱり」と触れづらい話題を引き出させるトーク力に感心した表情でコメントしていた。

関連画像

関連記事