千鳥・大悟、朝一ロケでのやらかしを語る「パンツで…」

2019.1.13 18:30

千鳥・大悟、朝一ロケでのやらかしを語る「パンツで…」サムネイル画像

(c)YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.

10日、テレビ朝日系『アメトーーク!』に千鳥とそのマネージャーが出演した。

番組では『マネージャーと二人三脚芸人』と題して芸人とそのマネージャーが出演。千鳥を担当して6年になるという岸マネージャーは早朝ロケの際はモーニングコールをすると話し、大悟が朝に弱いという話題になった。

その中でノブが「朝一ロケでズボンはいてこないんですよ」「酔っぱらって」と大悟がズボンをはき忘れてロケに来たことを振り返った。

大悟は「パンツで品川駅に登場した僕に、首に巻いていたストールをスッと巻いてくれた」と岸マネージャーの対応を再現し、周囲の笑いを誘った。

番組MCの雨上がり決死隊・蛍原徹に「ビックリしたんと違う?」と当時の心境について聞かれた岸マネージャーは「その時は大悟さんから電話が来て、『ビックリしないでくれ』って言われて」「『どうしたんですか?って聞いたら『ズボンはいてくるの忘れた』」と大悟とのやり取りを明かし、共演者は笑い声をあげた。

その後、大悟は「岸じゃないともう、そのへんは…」と岸マネージャーを信頼している様子を覗かせていた。

千鳥は以前別番組に出演した際、過酷なスケジュールを乗り越える方法を聞かれたノブが「手を抜く以外無いです」と話し共演者を笑わせていた。

関連画像

関連記事