ブラマヨ小杉、ワンピース作者とあの疑惑を語る「パクったと…」

2019.1.10 20:10

ブラマヨ小杉、ワンピース作者とあの疑惑を語る「パクったと…」サムネイル画像

ブラックマヨネーズ・小杉竜一

9日に放送されたフジテレビ系『ホンマでっか!?TV』に出演したブラックマヨネーズ・小杉竜一が過去に噂されたことを明かした。

番組では、大人気漫画『ONE PIECE』の作者・尾田栄一郎氏のアトリエと自宅に明石家さんまら出演者が訪問し、様々なトークを展開した。

その中で、尾田氏が「小杉さんと話したいことが…ありません?」「ずっと言いたかった。本当に」と切り出すと、気付いた小杉は「ヒーハー!」と自身のギャグを披露し、『ONE PEICE』の中にも「ヒーハー」が口癖のキャラクターがいるという話題になった。

そのキャラクター・イワンコフの登場と小杉が「ヒーハー」と言い出したのがほぼ同時期だとして、尾田氏は「普段テレビを見ないから、向こう(小杉)がもしかして先にやってたのかな?と思ったんですよ」「『ヒーハー』っていうセリフを書いて、数週間後にテレビで観てしまった」として「でも多分収録だから、ずっと前に録ってるはずだから知ってるはずないし、絶対向こうがマネしたわけでもないし、こっちも絶対マネしてないし」と振り返った。

これに小杉は「同時期です」と答え、「いろんな人に『勝手にイワンコフのヒーハー言わんといてください』っていうのを言われました」と話し、「変な時期に言い出してすんません」と頭を下げた。

さらに「尾田先生に同時期に言って不思議な感じですねって言ってもらったことが本当助かります」と言うと、尾田氏も「僕もパクったと思われてるんで」「それくらい同時期だったんです」と逆に小杉のギャグをマネしたと思っている人もいると明かし、小杉は「本当に今、歴史的和解というか」と笑いを誘った。

漫画『ONE PIECE』は1997年の連載開始から、瞬く間に人気を博し、国内外含めての累計発行部数は、4億4000万部に到達し、ギネス記録にも認定されている世界中で人気の大ヒット漫画。アニメがフジテレビで放送されるようになって今年で20周年を迎えた。

関連画像

関連記事