氣志團、新曲で着ている学ランは今まで作った中で一番高価

2015.1.22 18:22

氣志團、新曲で着ている学ランは今まで作った中で一番高価サムネイル画像

氣志團、2015年1発目のシングル2月25日に発売する「幸せにしかしねーから」。

この曲は制作の過程の中で團長、綾小路 翔が友人の結婚式に2日連続出席して、幸せな気分になって帰りの新幹線で詞を書き上げた純粋かつ究極のラブソングに仕上がった“神曲”だ。

この「幸せにしかしねーから」のMVが完成。綾小路が想像する出会いから付き合い、紆余曲折を経て共に生活をする過程をタイトル通りストレートに表現した内容となっている。この「幸せにしかしねーから」という言葉はストレートな表現ではあるもののなかなか口に出しては言えないものだ。それを歌にして、映像にして代弁しているMVには一見の価値があるだろう。

さらにもうひとつ注目なのは彼らのトレードマークである学ラン。

「今まで400着くらい作っている学ランの中でも3本の指に入るほど高価です!そしてものすごく時間がかかりました。これは結成18年、従来のツッパリのイメージを少しでも改善させようと活動を続けたのですが、取材や撮影の際に「ガンつけてください」とか言われる始末に改めて絶望して、だったらとことんグレてやろうという決意のもと、グレることがどういうことかと考えたとき学ラン全身に刺繍を施すという結論に至りました。こんな気合の入った学ランにも注目してもらえるといいなと思います!」と綾小路が力説するのもうなずけるほどの仕上がりになっている。

学ランには全身くまなく各メンバーの座右の銘が入った刺繍が施され、制作期間は通常の倍である2か月を要し、制作費もエアロの付いたVIPカーが買えちゃう!?ほどの金額がかかったそうだ。

関連画像