ブルゾンちえみ、NG仕事の多さに「立場悪なってきたな」

2019.1.7 20:00

ブルゾンちえみ、NG仕事の多さに「立場悪なってきたな」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

6日に放送された日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演したブルゾンちえみがNGの仕事について明かした。

番組では、SKE48の須田亜香里が登場し、番組MCを務めた雨上がり決死隊の宮迫博之から「テレビ番組観てたらスッピンで出てたり、寝起きで口開けて寝てるとこ(放送されたり)」と切り出すと、「そんなに見せたくない姿はないので」とNGがあまりなく、パンストを頭にかぶる仕事なども経験したと語った。

これに東野幸治が「ブルゾンちえみは…」と話を振ると、ブルゾンは「私はパンストかぶりません。ごめんなさい」と告白し、宮迫は「NG多いねん」とコメントした。

さらにブルゾンは「寝起きもちょっと厳しいかも」「スッピンもNGです。すみません」と明かし、須田は「うそ!?」「えー!?」と驚きの声をあげ、「人が笑ってくれるのがすごく嬉しくて」と話した。

須田の発言に東野が「ブルゾン立場悪なってきたな」と言うと、ブルゾンは「いやいやいや、これで喜んでもらえる方もいるので」と少し動揺した表情を見せ、共演者たちは笑い声をあげた。

そんなブルゾンは以前、別番組でバービーから「ゼロ(スッピン)はもう大変ですよね」「笑えない度を越したスッピンがあるんですよ」と明かされ、自身も「つぶやきシローさんみたいになりますね」と話していたことがあった。

関連画像

関連記事