木村拓哉、話題のMV出演の裏話を明かす「できねぇかなって…」

2019.1.7 17:30

木村拓哉、話題のMV出演の裏話を明かす「できねぇかなって…」サムネイル画像

[Alexandros]

6日に放送されたTOKYO FM『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』で木村拓哉が、[Alexandros]のミュージックビデオに出演した経緯を語った。

番組では、木村が主人公を演じるPlayStation(R)4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の主題歌を担当する[Alexandros]のメンバーがゲストとして登場。その主題歌『アルペジオ』のミュージックビデオ出演について話し始めた。

木村は「『JUDGE EYES』の監督の名越(稔洋)さんに『[Alexandros]がすげえ曲書いてくれたんですよ』って言われて。で、聞かせてもらって、『これやばいね』って話になって」として、「それで名越さんに『[Alexandros]本人はもうこの曲のミュージックビデオって撮ったんですかね?』って言ったら、『いや、聞いてないですね』って言われて、そんで食事をしてる際に『これ、JUDGE EYESに対して[Alexandros]がこの曲を作ってくれたっていうことに対するなんかアンサーした方が良くないですか?』って言って」と名越監督とのやりとりを振り返った。

続けて「監督に『もし万が一、まだミュージックビデオを撮っていないのであれば俺絡めねぇかな』って話を名越さんに言って」と木村自身がミュージックビデオ出演を提案したと明かした。

そして「できねぇかなできねぇかなって思ってて、叶ったっていう」と切望していた様子を覗かせた。これに[Alexandros]のメンバーは「そうだったんですね」として「最初冗談かと思いましたよ」と当時の心境を語った。

木村が主演を務める『JUDGE EYES:死神の遺言』は現在発売中。失意のどん底に突き落とされながらも、再び立ち上がる主人公・八神隆之を熱演している。

関連画像

関連記事