SKE48・須田亜香里、総選挙後の初仕事を明かす「パンスト…」

2019.1.7 20:30

SKE48・須田亜香里、総選挙後の初仕事を明かす「パンスト…」サムネイル画像

(c)AKS

6日、日本テレビ系『行列のできる法律相談所』に出演したSKE48の須田亜香里が、昨年の総選挙後に来た仕事を明かす場面があった。

番組内では須田が昨年のAKB48グループの総選挙で2位に輝いたことに触れ、出演者の東野幸治が「愛想だけで2位までのし上がって来たんでしょ?」とコメントすると須田は「もうちょっと頑張った気がするんですけど」と笑みを浮かべた。

また、スッピン姿や寝起き姿でテレビに出演することについて言及されると「そんなに見せたくない姿はないので」と特にNGは無いと話し、さらに「去年総選挙で2位になって最初に来た仕事が『パンスト被ってください』って言われて」と明かし周囲の笑いを誘った。

東野に「嫌じゃないの?」とパンストを被る仕事への心境を聞かれた須田は「嫌じゃなかったです」と即答した。

須田は以前、自身のキャッチフレーズについて語っており、「つい最近いただいたというか見出しになってキャッチーだったのが、『2位なのに爆死』」「2位なのに写真集が売れなさすぎて」と昨年の総選挙で2位に輝いたにも関わらず、写真集がヒットしなかったことによりついたと説明し共演者を笑わせていた。

関連画像

関連記事