小室哲哉 “TETSUYA KOMURO ARCHIVES”発売を記念したニコ生が再び放送決定

2019.1.6 16:30

小室哲哉 “TETSUYA KOMURO ARCHIVES”発売を記念したニコ生が再び放送決定サムネイル画像

小室哲哉

昨年引退を発表、“第60回 輝く!日本レコード大賞”では 特別賞を受賞した小室哲哉のこれまでの歴代の作品が詰まった『TETSUYA KOMURO ARCHIVES PROFESSIONAL PRODUCTS』の発売を記念したニコニコ生放送が1月6日17時より放送される。

昨年6月27日『TETSUYA KOMURO ARCHIVES』(T盤K盤)をリリースした際にもニコ生放送を行い、ゲストにDJ KOOやDef Will、浅倉大介と木根尚登は電話で出演した。その前回放送が大好評だったということで、今回はさらにglobeのマーク・パンサーが番組のMCを務めることとなった。

マークのほかにも小室の作品や歴史などを深く解説する、ライターの平賀哲雄と音楽コンシェルジュふくりゅうもスタジオに登場。さらに今回は視聴者からの電リクも多数募集するとのこと。小室哲哉作品の思い出や楽曲解説を視聴者とともに語りながら作品も楽しめる番組構成となっている。

そんな、小室哲哉の作品が詰まった『TETSUYA KOMURO ARCHIVES PROFESSIONAL PRODUCTS』は完全受注生産ということで、今月31日までの予約となっているが、期間限定予約でGOLD DISCには名入れができる。(名入れGOLD DISCは2019年1月7日予約まで)。

このほかにも今年発表された作品集『TETSUYA KOMURO ARCHIVES(“T”盤)(“K”盤)』(2018年7月9日付オリコン週間アルバムランキングで3位,4位)はもちろん、ダンスミュージックやロック〜ポップス〜オーケストラ〜ヒーリング〜トランス〜ピアノなどCD44枚+名入れGOLD DISC 1枚+DVD4枚(計49枚)、これまで小室哲哉が数々のヒット曲で綴られてきた歌詞をAIで学習することによって生まれた永久保存版ブックレット『小室哲哉辞典』をセットアップ。更にGOLD DISCとして1995年7月19日にリリースした幻のアイテム『t jungle m (「AUTOMATIC」)』を収録。当時、最先端の音楽ジャンルだったジャングルを日本に根付かせようとした小室哲哉らしいパーティーで生まれた快作。

また、浅倉大介とのユニットPANDORAの二日間しか開催されなかった伝説のBillboard Live。当日のライブ映像自体は存在しないとされていたが、なんと記録用に撮影されていた秘蔵映像『PANDORA Billboard LIVE Off Shot Movie(DVD)』が収録。先日こちらのダイジェスト映像もアップされた。

そして、日本にシンセサイザーを根付かせた小室哲哉らしい完全受注生産企画として『Mobile Mini Keyboard reface DX TK Special Edition』付BOXも限定100台で用意される。どんなTK音色がスペシャルにインクルードされるかはお楽しみだが、発表と同時に即日完売となったことがBOXへの注目度の高さを裏付けているが、今回のニコ生放送を記念し、数量限定で追加販売が決定している。

関連画像

関連記事