ももクロ、超特急、乃木坂46、関ジャニ、Hey! Say! JUMP…2018年、卒業・脱退・活動休止が話題になったアーティスト

2018.12.30 19:15

ももクロ、超特急、乃木坂46、関ジャニ、Hey! Say! JUMP…2018年、卒業・脱退・活動休止が話題になったアーティストサムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

様々なニュースが日本を駆け巡った2018年。その中で、アーティストの卒業、脱退などのニュースも多く報じられた。今回は、2018年に卒業、脱退、活動休止などを明らかにしたアーティストについて2回にわたって特集する。

◆ももいろクローバーZ・有安杏果
大人気5人組アイドルグループ・ももいろクローバーZの有安杏果が、1月15日、オフィシャルWebサイト及び、自身のブログにてグループからの卒業を発表した。有安は、1月21日のライブをもって同グループを卒業すると発表。卒業の理由として「子役時代から22年間やってきた世界から一度距離を置いて、普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました。」と説明した。また、今後の活動については「具体的には何も決まってません。」としながら「落ち着いたら、普通の日常の生活を送りながら22歳の女の子としての教養や知識をしっかりと身につけられるように励みたいと思います。」と綴っていた。この突然の発表に、ファンからはもちろんのこと、音楽界などからも惜しむ声があがっていた。

◆超特急・コーイチ
1月16日、7人組男性メインダンサー&バックボーカルグループ・超特急のコーイチがグループを脱退すると、オフィシャルファンクラブ会員向けに発表されたと報道された。超特急は、2017年4月~8月に敢行した全23公演に及ぶホールライブツアー”Trans NIPPON Express”では55,000人を動員。さらに、2017年年末~2018年年明けには、自身史上最大規模となるアリーナ5daysツアーを成功させたばかりという、まさに人気急上昇中での発表に、ファンからは動揺の声が聞かれた。また、超特急は前日に有安杏果がグループ卒業を発表したももいろクローバーZと同じ事務所の“弟分”ということもあり、連日の卒業&脱退発表に驚く声も上がっていた。

◆乃木坂46・生駒里奈
1月31日、乃木坂46の公式サイトにて、生駒里奈が20枚目のシングルをもってグループから卒業すると発表があった。また、生駒本人もオフィシャルブログにて卒業を報告。「確かに、まだ乃木坂46でやる事はあると思います、ですが、今の乃木坂46は最強です。だからこそ安心して任せられるのです」とコメントを残した。また、この発表に対して、様々なミュージシャンらからもコメントが寄せられ、生駒と共にラジオ番組に出演している西川貴教は、自身のTwitterを通じて「本当にまじめで不器用だけど、正義感と強い信念をもって頑張ってきた生駒ちゃんだけに、どこか驚きよりも『生駒ちゃんらしいな』と感じられる卒業発表。卒業するまでも、そして卒業してからも、そんな生駒ちゃんを応援してあげられたらと思います。」と、生駒の人柄を褒めながらエールを送ったほか、音楽番組でも乃木坂46と度々共演しているゴールデンボンバーの樽美酒研二は、自身のブログで「自分で卒業を決めた勇気に拍手です これから先どうなってしまうのか不安だと思う でも大丈夫!自信持ってください! 生駒ちゃんはしっかり輝いてます! これからも自信を持って戦ってください」と、生駒の不安を汲み取りながら応援のメッセージを綴っていた。

◆DISH//メンバー小林龍二
3月13日、ダンスロックバンド・DISH//のオフィシャルサイトから『重要なお知らせ』と発表があった。この知らせには「この度、DISH//メンバーの小林龍二が2018年3月13日付けで、DISH//からの脱退・弊社との契約を終了することになりました。」と、メンバーの小林龍二がグループから脱退し、事務所の契約も終了したと発表。理由については「本人より脱退の申し出を受け、弊社内部でも熟考を重ねた結果」と説明されており、芸能界そのものの引退については明かされていない。公式ブログで、メンバーの北村匠海は「正直僕ら4人はまだ整理がついていない状況です。ぐちゃぐちゃな感情です。」「今すぐ前を向けと言われても、少し難しいです。」と複雑な心境を吐露していた。

◆アンジュルム・和田彩花
4月5日、10人組女性アイドルグループ・アンジュルムの和田彩花が同グループを卒業すると発表した。オフィシャルサイトでは「1年後、2019年の春ツアーをもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業することになりました。」と発表。「卒業については昨年から折に触れ話をしており、今年に入って具体的に話を進めていきました。」とし「アンジュルムでの活動は来年、2019年の春ツアーまでとなります。」と知らせた。また、和田も同日ブログで卒業を発表。決断がファンを動揺させてしまっているかもしれないと謝罪しながらも、グループに対する熱い思いや、今後の人生に対する決意を吐露。「残り1年となりますが、最高な形のグループをお見せできるよう精一杯がんばっていきますのでどうか最後まで見守っていただけたら嬉しいなと思います。」と綴っていた。

◆関ジャニ∞渋谷すばる
4月15日、関ジャニ∞の渋谷すばるが、グループを脱退することがオフィシャルサイトで発表された。オフィシャルサイトでは「このたび渋谷すばるから「自身の音楽の道を追求していきたい」という申し出がありました。」と報告。「関ジャニ∞であることへの誇りと、ファンの皆さまへの深い愛情、感謝の気持ちを持っている渋谷すばる。その彼が、強い意志をもって選んだ道を、6人のメンバーは、決して簡単ではない決断ではありましたが、尊重することを決め、新しい道を歩いて行くことを決意しました。」と経緯を説明した。また、この発表と共に、記者会見も開かれ、こちらも大きな話題になった。

◆元AKB48宮澤佐江
5月24日、元AKB48の宮澤佐江が芸能活動の一時活動休止を発表した。宮澤が所属事務所はオフィシャルサイトにて「『宮澤佐江』活動休止のお知らせ」として「弊社所属の宮澤佐江の活動休止に関しましてご報告を申し上げます。2006年にAKB48の一員としてデビューし、約12年間走り続けて参りましたが、一度足を止めて自分自身を見つめ直したいとの思いから、2018年7月末日をもって芸能活動を一時休止することとなりました。」と公表。また所属事務所との契約が終了することも併せて発表された。宮澤は、AKB48でデビューし、その後中国・上海市を拠点として活動するSNH48に移籍、SKE48との兼任などを経て2016年にグループを卒業し、舞台などで活躍していた。

◆Hey! Say! JUMP 岡本圭人
6月24日、Hey! Say! JUMPの岡本圭人が、アメリカの演劇学校に留学するため、活動を一時休止するとオフィシャルサイトにて発表した。それによると岡本は、二年制の演劇学校「アメリカン・アカデミー・オブ・ドラマティック・アーツ(ニューヨーク校)」に留学するとのことで、岡本より留学の申し出を受け、メンバーを含め協議し、前向きに送り出すことにしたとしている。また、岡本もこの活動休止にコメントを寄せており「芝居と音楽を一から学びながら、イギリス留学で身につけた語学により一層磨きをかけ、人間的にもタレントとしても成長できるように勉強してきます」と決意を語っていた。

関連画像

関連記事