明石家さんま、意外な“夢”を語るも大泉洋「何を言ってんだ」

2018.12.26 17:51

明石家さんま、意外な“夢”を語るも大泉洋「何を言ってんだ」サムネイル画像

25日に放送された日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に出演した明石家さんまが憧れの職業について語った。

今回の放送では、“クリスマス4時間SP”と題し、豪華芸能人が出演。その中で、“今年話題の有名人”として菅田将暉が登場し、1月からスタートするドラマで教師役を演じると話した。

明石家さんまが「25(歳)で先生の役やりたかったか」と投げかけると、菅田は「そうですね。もちろん教師って歳いってからでもできるじゃないですか。でもこの年代の教師の方もたくさんいらっしゃって。だからこそできる授業っていうのがあるんじゃないかと」と役柄についてコメントした。

これに明石家さんまは「その夢はホンマにわかんねん」として「俺、それで『あっぱれ』やからね」「学校の先生になりたいと思ってるやんか誰もが1回は。その夢を叶えるために」と過去に放送されていた自身の冠番組『あっぱれさんま大先生』について話すと「お笑いの『あっぱれさんま大先生』でやった時は1つの夢叶ったと思った」と明かし、共演者たちは驚きの表情を見せた。

しかし、出演していた大泉洋は「『あっぱれさんま大先生』で夢が叶ったのもちょっとおかしいですよ」と切り出し、「あれで先生になれたと思うのもちょっとおかしい」「『夢が叶ったんや』っていうのも、僕は内心『何を言ってんだ』と思ってました」と発言。

明石家さんまは笑いながら「笑いを通じて色々教えてたやんか」と話し、共演者たちも大きな笑い声をあげた。

菅田が出演する日本テレビ系ドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』は、2019年1月6日よりスタート。永野芽郁、今田美桜、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、川栄李奈など若手俳優も登場するということで注目を集めている。

関連画像

関連記事