ビートルズ「Let It Be」を歌う土屋アンナのアレンジと歌唱力が半端ない

2015.1.15 13:31

ビートルズ「Let It Be」を歌う土屋アンナのアレンジと歌唱力が半端ないサムネイル画像

土屋アンナと言えば、昨年大晦日に放送された、日本テレビ系列「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」〝絶対に笑ってはいけない〟シリーズへ2年連続の出演、テレビ朝日系列「よいこ無人島0円生活」を始めとしたバラエティ番組に出演する〝タレント〟土屋アンナ。

ファッション誌の表紙や東京ガールズコレクションを始めとしたファッションショーのトップモデルとしての〝モデル〟土屋アンナ。

「下妻物語」、「さくらん」を始めとした映画に出演する〝女優〟土屋アンナ。

そんなタレント/モデル/女優としてのイメージが強い彼女だが、〝ミュージシャン〟土屋アンナとしての側面もある。

2006年にソロデビューしてから、これまで16枚のシングルと3枚のアルバムをリリース。

アニメ「NANA」に大崎ナナの歌唱キャストとして参加し、主題歌になった「rose」はオリコンチャート6位を獲得。近年では、安室奈美恵の「Wonder Woman」にAIと共にフィーチャリングで参加するなど、ミュージシャンとしても勢力的に活動を行っている。
そんな彼女は近年、ゴスペルライブを開催。幼少の頃は聖歌隊に所属していたという彼女の歌声は、鳥肌が立つほどの声量と歌唱力。

昨年末、キリスト品川教会グローリア・チャペルで開催されたゴスペルライブでは、なんと100名のゴスペル隊を従えて、オリジナル曲と共に、ビートルズの「Let It Be」やマライア・キャリーの「Santa Claus is coming to town」、ファレル・ウィリアムスの「Happy」、シンディー・ローパー「Girls Just Want To Have Fun」などのカヴァー曲を歌い上げている。

普段、テレビで破天荒キャラを披露している彼女からは想像出来ない歌唱力を堪能して欲しい。

関連画像