鈴木奈々、自身とキャラ被りした芸能人を告白「声がデカイだけで…」

2018.12.25 20:50

鈴木奈々、自身とキャラ被りした芸能人を告白「声がデカイだけで…」サムネイル画像

鈴木奈々

23日に放送された日本テレビ系『ニノさん』に出演した鈴木奈々が仕事の悩みを吐露した。

番組では、『THE 私の歌グランプリ』と題し、自分の様々な思いを歌に乗せて披露した。

鈴木は、「私本当に今悩んでるんですよ」「仕事のことです」として「藤田ニコルちゃんとか丸山桂里奈さんとか、あと(滝沢)カレンちゃんとか」とバラエティー番組で活躍するタレントの名前をあげ、「もう私のポジションがなくなってきたんですよ」と明かした。

そして「このままじゃダメなので、歌わせてください」と意気込み、『山口さんちのツトム君』の曲に合わせ「そろそろヤバイよ鈴木さん」という替え歌を披露した。

曲中、鈴木は「丸山桂里奈が売れてきて、仕事のオファーこないよ。干されたのかな?」などと歌い、出演者たちは笑い声をあげた。

歌い終えると、平成ノブシコブシの吉村崇はキャラがかぶる芸能人について「一時期は言われてましたよ。鈴木奈々って。ここ(鈴木)がライバルって」と話すと、鈴木も「言われてた」「声がデカイだけで全然面白くないって」と発言し、吉村は「俺は芸人だからそれ言わないでよ」とツッコミを入れた。

鈴木は以前にもテレビ番組に出演した際、脅威を感じているタレントについて「事務所の後輩の須田亜香里ちゃんですね」とSKE48の須田亜香里の名前を挙げ、「アイドルなんですけどNGがないんですよ」と話していたことがあった。

関連画像

関連記事