宮野真守、星野源から感謝された理由を語る「すごいでしょ?」

2018.12.18 20:50

18日に放送されたフジテレビ系『めざましテレビ』に出演した宮野真守が星野源について語った。

【写真】星野源、ラジオ番組で家族について語る「星野さん、結婚…近いんじゃないでしょうか!?」

番組では、星野が千葉・幕張メッセで『LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson』を開催したという話題が取り上げられた。

これに軽部真一アナウンサーが、12月の『めざましテレビ』マンスリーエンタメプレゼンターを担当する宮野に対し、「星野源さんと雑誌で対談してるんですよね?」と過去の雑誌での対談について話を振った。

宮野は「そうなんですよ。『会いたい』って言ってくれて『お礼をしたい』と言ってくれました」と話し、「僕のやってるお笑いキャラがありまして、“雅マモル”っていうんですけど」と“16歳の売り出し中のアイドル”という自身のキャラについて切り出し、「それに助けられたと。元気をもらって星野さんも“ニセ明”というキャラクターを作ったと」と星野のライブなどで度々登場する“ニセ明”というキャラは“雅マモル”から刺激を受けて誕生したものだと明かした。

そして「僕からインスパイアされて作ったって言ってくれたんです」として「すごいでしょ?」「すごいんだよ」とカメラ目線でコメントし、共演者たちは笑い声をあげた。

“雅マモル”は以前、星野の冠番組であるNHK『おげんさんといっしょ』に出演し、自身が作詞作曲したデビュー曲『恋はホップステップジャンプ』を星野の演奏とともに歌唱し、キレのある動きで軽快なダンスを見せ、ネットでは「見た瞬間マジで吹いたwww」「さすがマモ・・・」など大きな反響を呼んだ。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.254