乃木坂46西野七瀬、寮生活を振り返り「一時ヤバかった…」

2018.12.18 17:55

乃木坂46西野七瀬、寮生活を振り返り「一時ヤバかった…」サムネイル画像

(c)E-TALENTBANK

17日深夜、日本テレビ系『NOGIBINGO!10』で乃木坂46の西野七瀬が寮生活を振り返った。

番組ではグループ卒業を控えた西野と、井上小百合、斉藤優里、和田まあやが出演。乃木坂46に所属した当初に地方出身のメンバーが住んでいた寮の周辺・東京都西葛西で思い出の店などを回りながら話に花を咲かせた。

その中で進行役のイジリー岡田に「寮に住んでいながら、お部屋の行き来とかはあるんですか?」と聞かれるとメンバーは「めっちゃありました」と頷き、斉藤が「私西野の家に泊まらせてもらって、同じベッドで一夜を共にしたことがあります」と仲の良さを伺わせた。

イジリーが「西野さん家はちゃんと綺麗にされてる?」と部屋の状態を聞くと西野は「いや、一時ヤバかったです」「しょっちゅうお母さんに来てもらって、掃除してもらってました」と大阪から車で来た母に掃除を手伝ってもらっていたと話した。

乃木坂46は先月に22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』をリリース。31日に放送されるNHK『第69回NHK紅白歌合戦』への出場が決定している。

関連画像

関連記事