【海外反応】奥仲麻琴が卒業!ガールズロックユニット・PASSPO☆の海外からの人気とは?

2015.1.5 19:50

【海外反応】奥仲麻琴が卒業!ガールズロックユニット・PASSPO☆の海外からの人気とは?サムネイル画像

キャビンアテンダントの衣装をモチーフに“空”と“旅”をテーマに活動中のガールズロックユニット・PASSPO☆(ぱすぽ)。
PASSPO☆は、2009年に結成、2011年5月にシングル「少女飛行」でメジャーデビューを果たし、女性グループデビューシングルとしてオリコン史上初の週間ランキング初登場1位を獲得するなど、大きな話題を呼んだ。ロックにこだわった楽曲と、ステージをところ狭しと飛びまわる激しいダンスが特徴で人気を博す。メンバーを“クルー”、ファンを“パッセンジャー”、ライブを“フライト”と呼ぶなど、コンセプトを徹底していることでも知られるガールズユニットだ。

彼女たちは、デビュー当初は10人、2011年末からは9人組のユニットとして活動してきたが、2015年の1月1日の元旦ライブを以って“クルー”の奥仲麻琴が脱退し、今後は8人組として活動することとなる。

2011年にはフランス・パリで開催されたJapan Expoに出演、2013年には台湾で初の海外単独“フライト”を実施するなど、近年では海外にも活躍の場を広げるPASSPO☆。彼女たちの海外からの人気はどのようなものなのだろうか?

【海外の反応】
PASSPO☆はまだ頻繁に海外での活動を行っているとまではいえないが、YouTubeのオフィシャル動画のコメントは3割程度が日本語以外の言語で書かれたもの。

内容を見てみると、「彼女たちのライブパフォーマンスは本当に素晴らしい」「これはいい!素晴らしい音楽のアイデアに感心する。フルバージョンを聞いて楽しみにしています」「曲がいいし、女の子が本当にきれいすぎ!」「私はこの歌が好きです。そして、楽しいコンセプトも愛しています」など、ライブパフォーマンス・楽曲・コンセプトが広く好感を持って受け入れられているようだ。

また、2015年1月1日で、クルーの奥仲麻琴が卒業したことは海外のファンにとっても大きな衝撃だったようで、2014年12月にリリースされたベストアルバム新録曲「TRACKS」のミュージックビデオには、「まこっちゃんが卒業するのはあまりにも悲しい…」「私はマコちゃんに離れて欲しくない;_;バイバイマコちゃん…」と言う、卒業を惜しむ声も多数寄せられていた。

関連画像