BiSH、アイナ作詞の新曲が「3D彼女 リアルガール」第2シーズン OPテーマに決定

2018.12.10 12:00

BiSH、アイナ作詞の新曲が「3D彼女 リアルガール」第2シーズン OPテーマに決定サムネイル画像

BiSH

2018年は、初のオリコン週間シングルチャート1位を獲得、全国大型フェスへの出演ラッシュ、ソフトバンクのPRキャラクターに起用される等、勢いの止まらない楽器を持たないパンクバンド・BiSH。

そんなBiSHのアイナ・ジ・エンド作詞による新曲「二人なら」がTVアニメ「3D彼女 リアルガール」第2シーズン オープニングテーマに決定したことが発表になった。

2019年1月期日本テレビAnichU枠ほかにて放送される『3D彼女 リアルガール』のテレビアニメ第2シーズンを、第1シーズンでエンディングテーマ「HiDE the BLUE」に続き、連続でBiSHが担当することに。なお、現状「二人なら」のリリースは未定となっているので、まずはアニメをチェックしておこう。

先日横浜赤レンガ倉庫にて開催した過去最大規模フリーライブを大成功に収めたばかりのBiSHだが、年末12月22日には幕張メッセ9〜11ホールで過去最大規模のワンマンライブ”THE NUDE”開催、年末の風物詩「輝く!日本レコード大賞」にまさかの新人賞ノミネートされる等、大躍進が止まらないBiSH、2019年も早速のタイアップ決定など引き続き目が離せない。

【アイナ・ジ・エンド コメント】

BiSHはあまりラブソングを歌わないので、そんな気持ちの歌を歌えることが新鮮です。
『3D彼女 リアルガール』は毎回、胸が締め付けられる瞬間があります。「二人なら」がその世界観にばっちりハマりますように。
悲しみも切なさも、いつか人生の財産になる。そんな事を思って書きました。二人だけの世界が見えたら嬉しいです。

関連画像

関連記事