金爆・鬼龍院翔、廃盤音源のコピー売買に音源データを公開「残念な気持ちに…」

2018.12.5 11:55

金爆・鬼龍院翔、廃盤音源のコピー売買に音源データを公開「残念な気持ちに…」サムネイル画像

ゴールデンボンバー

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が5日、自身のブログを更新し反響を呼んでいる。

鬼龍院は、自身のブログを「配信と、廃盤音源流出配布」というタイトルで更新し、セルフカバーアルバム『個人資産』の配信を告知した。

続けて「それと、この機会に…」と切り出し、「ネットオークション等で僕の昔の音源をコピーして売ったり、もしくはそれをオマケとして付けて落札価格を上げたりするのに使っているのを見て残念な気持ちになっていました。本物の廃盤音源と言いながらおそらくコピーして作ったものも数多くあると思います。」と自身の廃盤音源のコピーが売買されていることについて心境を明かした。

そして「廃盤音源がずっとこのように使われ、本来そこに使われるべきではない対価がコピーし続ける人へ支払われ続けるのは新しい音楽を売っていく僕等にとって如何なものかと思ったので、やれるべきことは『廃盤音源の価値を無くす』ということでした。」として、「事務所に入る前に僕が作っていた廃盤音源は、材料は全てヨドバシカメラ等のCD-Rコーナーで揃うものばかりです、それにインクジェットプリンタでプリントしてCD-Rを入れていました。その全てのデータを公開します。」と、廃盤音源のデータを誰でもダウンロードできるようにアップローダーに公開した。

鬼龍院は「皆さん、このデータをパソコンに保存・コピーしてください、いつ消すことになるかわからないのでよかったらゴールデンボンバーに少しでも興味がある方は是非とりあえず、とりあえずダウンロードしてください。このファイルがこの世に出回ることが、廃盤音源の価値を無くす手助けになります。」「決してもうネットオークションで買わないで下さい。偽物を買うくらいなら自分で焼いてプリントしてください。」と呼びかけた。

最後には、「昔の稚拙な音源を公開するのは恥ずかしくて躊躇っていましたが、そうも言っていられないなと思ったのでこの機会に公開させて頂きました。」「まだお持ちでないファンの方がいらっしゃいましたら、是非聴いてみてください」と綴り、締めくくった。

この更新にコメント欄では「自分の手で大事なものの価値を0にしなきゃいけなくなったこと、切ないな、と思いました」「ほんとにやっちゃう翔さん素敵です」「キリちゃんの想いが伝わって本当に幸せで、本当に嬉しいです!」「あいかわらずの行動力……凄すぎるよ」「翔さんの好意を有り難く受け止めてPCに保存させて頂きました」など、多くのコメントが寄せられており、反響を呼んでいる。

今回公開された音源は、YouTube「Zany Zap official channel」でも公開。ここでも「廃盤商品がネットオークションで高額販売されているため公開しました。」と経緯が綴られている。

関連画像

関連記事

関連リンク