【海外反応】ついにiTunes解禁!国民的バンド・サザンオールスターズの海外での人気とは?

2014.12.18 19:58

【海外反応】ついにiTunes解禁!国民的バンド・サザンオールスターズの海外での人気とは?サムネイル画像

2005年8月、iTunes Storeが日本で配信をスタートさせてから、最後の大物ロックバンドとも言えるサザンオールスターズが、12月17日、はじめて全ての楽曲をiTunes Storeで配信スタートさせた。

今回配信された楽曲数は、全266曲にも及び、ファンにとっては嬉しいニュース。そして、デジタル配信が待ち望まれていたことを証明するように、配信当日のiTunesトップソングでは5曲がTOP10入り、トップアルバムには3曲がTOP10入りを果たすなどiTunesのチャートはサザン一色となった。

今回のiTunes解禁は日本のみならず、世界111カ国でも同時に行われているが、日本の国民的バンドとも言えるサザンオールスターズの海外からの人気とはどのようなものなのだろうか?

【海外の反応】
サザンオールスターズのオフィシャルYouTubeチャンネルのコメント欄に寄せられるコメントのほとんどがやはり日本からのものだったが、中には英語や中国語、フランス語での投稿も見られた。

内容を見てみると「気分が悪いので、このように幸せな曲を聴きたかった!」「J-POPのよい曲を探してきたが、ここで素晴らしい出会いがあった」「非常にアピール力のある曲だ。比喩的表現の歌詞も良い」「すごい!サザンオールスターズは、J-POPの伝説だ」など、海外でもJ-POPを代表するアーティストとしての認知度は高いようだ。

また、今回のiTunesでの世界111カ国配信は、アジアを中心に、海外のファンからも要望の高かったため、実施されたもの。このニュースに海外のファンも反応しており、SNS上には「J-POPグループのサザンオールスターズの曲が、ほぼ全てiTunesで買えるようになった!」「素晴らしい! iTunes Storeにサザンオールスターズがある!」「iTunesストアで買えるようになったサザンオールスターズは現在五十代。いつも私を幸せにしてくれます」など、喜びの声が上がっていた。

関連画像