藤木直人、“ある人物”に間違えられ握手までした過去

2018.11.26 20:10

藤木直人、“ある人物”に間違えられ握手までした過去サムネイル画像

藤木直人

26日、日本テレビ系『スッキリ』に出演した藤木直人が過去のエピソードを披露した。

番組で藤木は、「ドラマにちょっと出始めた時に、すれ違った女性の方が俺の顔見て『あっ!』って顔して」と自身がテレビに出始めた頃、街中で女性から視線を向けられた出来事について語り始めた。

続けて「で、信号待ちしてたら話しかけられたの。『来た来た!』って思ったら『沢村一樹さんですよね?』って」と藤木に気づいたのではなく、俳優・沢村一樹と間違えられただけだったと話した。

藤木が「いや、違いますよ」と否定するも、「『いやいや、沢村さんです!』って言われて」と女性が信じてくれなかったとして「『大ファンなんです、握手してください』って言って、『ぼく沢村さんじゃないですけど、握手します』って言って握手したの」と沢村ファンの女性と握手を交わしたことを明かした。

藤木は「もう思い込んで、否定しても聞いてくれないから」と沢村だと思い込まれてどうしようもなかったと振り返り、周囲の笑いを誘った。

藤木は2019年1月から始まる新土曜ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』に出演する。本作は1人の若き弁護士が、科学者、ジャーナリスト達の協力を得て意外な実証実験で冤罪事件を解き明かしていくヒューマン・リーガル・エンターテイメントとなっており、藤木は科学者・秋保恭一郎を演じる。

関連画像

関連記事