星野源ファン歓喜!『まんぷく』息子の名前に「繋がった!」の声

2018.11.25 18:45

星野源ファン歓喜!『まんぷく』息子の名前に「繋がった!」の声サムネイル画像

(c)NHK

11月19日(月)〜11月24日(土)に放送されたNHK連続テレビ小説『まんぷく』。

2014年に映画『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、演技力が高く評価されている女優・安藤サクラを主演に迎え、“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語を描く。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、世紀の大発明へとたどりつく、2人の人生大逆転の成功物語だ。

第8週では、製塩所で働く従業員たちの世話の大変さに不満をもっていた鈴(松坂慶子)が些細なことで家出をしてしまう。鈴を探す最中、萬平(長谷川博己)は戦後の焼け野原で食べる物に困り、栄養失調で倒れている人々に目の当たりし、困っている人々を救う方法を考える。そんな中、臨月を迎えていた福子(安藤サクラ)が元気な息子を出産する…という展開を見せた。

連日、SNSに数多くのコメントが投稿される同作。その中でも視聴者から反響の大きかったシーンを振り返ってみる。

【鈴の家出】

臨月を迎えた福子の代わり家事の全般を担っていた鈴だが、萬平との些細なやりとりが引き金となり不満を爆発させ、とうとう家出してしまう。次女の克子(松下奈緒)のもとにたどり着いた鈴だったが、福子の出産の知らせに急いで飛んで帰り再び元の生活に戻った。

鈴の家出にTwitterでは「鈴さんの気持ちわかるよ。私も、家出したいとき山ほどある」「疲れた時や気持ちを発散させたい時はやっぱりプチ家出だよね~」「臨月の娘を置いて家出って、フリーダム過ぎる」など様々なコメントが寄せられた。

【誕生した息子の名前に反響】

突然陣痛が始まり元気な息子を出産した福子。萬平と鈴がそれぞれ自分が考えた名前をつけようともめていると、福子は萬平が提案した平賀源内からとった“源内”と鈴が提案した源義経からとった“義経”の間をとって“源”と命名しようと話し、息子の名前は“立花源”となった。

この名前に視聴者はTwitterで「福子と萬平の子供の名前は「立花源」→星野源→どん兵衛のCM→日清食品 全て繋がった!」「大きくなった源ちゃん役はやっぱ星野源ですかね(笑)」「成人したら星野源に演じてほしい」などの声が上がっており、星野源と同じ名前ということで大きな話題となった。

今週は鈴の家出や息子の出産など家族に関するストーリーが主軸となったが、来週は新しい栄養食品の開発を始めた萬平が仕事に没頭しすぎて、福子は不満を持つ。さらに開発組に入れなかった従業員たちも萬平が気をかけてくれない事に腹を立てる…という展開を見せるそうだ。NHK連続テレビ小説『まんぷく』は月曜日〜土曜日の午前8時より放送中だ。

関連画像

関連記事