ディーン・フジオカ、重厚サスペンスドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』の主役を務める

2018.11.21 20:20
ディーン・フジオカ、重厚サスペンスドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』の主役を務めるサムネイル画像
ディーン・フジオカ

20日、ディーン・フジオカがフジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』の主役を務めることが発表された。

フジテレビ開局60周年特別企画として、来年2019年1月6日(日)の夜にディーンと共にW主演を務める井浦新ほか、個性豊かな17人のメインキャストが登場する重厚なサスペンスドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』が放送される。

文豪ヴィクトル・ユゴーが1862年に上梓した不朽の世界的名作「レ・ミゼラブル」を、平成30年間の日本を舞台に置き換えた大河エンターテインメントとして映像化。宿命的に対峙(たいじ)することになる二人の男のたぐいまれなる人生を通じて、平成という激動の時代における様々な社会的事象を映しながら、暗闇の中でも希望の光を求め多種多様に交差する人々の心情を描いた物語だ。

主人公は、過去に罪を犯し、別人に成り代わって生き抜いた男と、その事件の被害者遺族で彼を生涯追い続けた刑事の2人。追う者と追われる者、互いに一歩も引かない心理戦が展開され、この“逃亡者”をディーンが演じ、“追跡者”を井浦が演じる。本作は3時間にわたる大作となっており、早くも注目が集まっている。

関連画像

関連ワード

関連記事

web:172.30.1.100