藤田ニコルが“激辛チャレンジ”で見せた根性に「感動した」「尊敬」の声

2018.11.20 20:50

藤田ニコルが“激辛チャレンジ”で見せた根性に「感動した」「尊敬」の声サムネイル画像

藤田ニコル

19日に放送された日本テレビ系『有吉ゼミ』に藤田ニコルが出演した。

番組内では、制限時間20分以内に超激辛あんかけ焼きそばを完食する“激辛チャレンジグルメ”に藤田ニコルやゴルゴ松本らが挑戦した。辛さに耐えながら食べ進める中、藤田は「精神的に、20歳になってからすごい病みやすくなっちゃって」と心が不安定なことを打ち明け、「ここまで(芸能界で)生き残ってると思わなかったんですよ」とコメント。これにゴルゴが「今日はNEWにこるんを見せるために、食べつくせ!」と背中を押した。

さらにゴルゴが15分で完食すると藤田も「ここで食べれなかったら消えるから。絶対テレビから消えるから」と自身に言い聞かせ、ゴルゴが「食べたら残るぞ、来年もあるぞ」と激励。藤田は「生き残るぞ」と汗だくになりながらラストスパートをかけ、「やっと親孝行できてきたから、頑張らないといけないんです」と決意を語りつつ17分で完食した。

この放送にネットでは「顔が可愛いのに根性もあるすんげえ」「にこるん完食すごい!おめでとう!」「めっちゃ感動したよ 本当に本当にすごい!!」「凄いな…やっぱ根性あるよ。。。」「何でも頑張るにこるんに本当に尊敬」などの声が寄せられていた。

そんな藤田は以前、幼少期に住んでいた家について話したことがあった。「家賃が死ぬほど安くて」と激安アパートだったと振り返り、上の階に住む同級生に「『何があったの?私が住む前』って言ったら『お風呂場でお酒に酔っぱらっちゃって、女の人1人暮らしで死んじゃったんだよ』って言われて。だからその後に住んじゃったっぽくて」と事故物件であることが発覚したと語っていた。

関連画像

関連記事