滝沢秀明、ジャニーズJr.との接し方に「良い上司ナンバー1」の声

2018.11.19 20:10

滝沢秀明、ジャニーズJr.との接し方に「良い上司ナンバー1」の声サムネイル画像

17日に放送されたニッポン放送『タッキーの滝沢電波城』に出演した滝沢秀明が後輩との接し方について語った。

番組では、リスナーから“来春から看護師学校に通うのだが、自分よりも1回り以上下の人たちと接する上で「時代が違うのでは?」と不安に思っている”とメールが寄せられ、「ジュニアの子達と接する事も多いと思いますが、年下の子と接する際、どのようなことを心がけていますか?」という質問に滝沢が答えた。

滝沢は「でも時代が違うっていうのはあんまり関係ない気はしますけどね。別にどんな時代でも人との付き合いっていうのはそんなに変わらない気がするので」と生きてきた時代が違っても人間関係にはあまり影響がないのではないかと語った。

続けて、自身の後輩への接し方についても「もちろん先輩後輩なんですけど、あまり上からモノを言わないとか、なるべく同じ目線に立って相手が言いたい事を聞いてあげるとか。そういう事じゃないですかね」と明かした。

そして「やっぱそうする事によってあっちも近寄ってくるし頼ってくるので、それに応えてあげたいなって思えるので」と話し、「まぁ時代とかじゃなくどうやって向き合うのかっていうのはどんな時代でも一緒なのかなと思いますけどね」と持論を展開した。

この放送にTwitterでは「さすがです、タッキー」「いつも無意識にうなずいて聞いちゃう」「色々本当に参考になるなぁ…」「今更ながら良い上司ナンバー1」といったコメントが寄せられている。

滝沢は、今井翼とのユニット『タッキー&翼』を今年9月に解散。年内で芸能活動を引退し、事務所タレントの育成やプロデュースを行っていくと発表され、大きな話題となった。

関連画像

関連記事