10-FEET、バンド史上最大級の野外ワンマンライブ開催決定

2018.11.18 21:00

10-FEET、バンド史上最大級の野外ワンマンライブ開催決定サムネイル画像

10-FEET

京都在住の3ピース・ロック・バンド10-FEETが、バンド史上最大級の野外ワンマンライブを2019年5月19日に長崎市稲佐山公園野外ステージにて開催することを発表した。

これは、今日11月18日(日)に札幌、仙台、東京、名古屋、京都、兵庫、福岡、長崎の映画館で行なわれた、12月5日(水)発売のライブBlu-ray/DVD「OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! VII」の特別先行上映会のエンドロール上で突如発表されたものだ。

10-FEETが初めて出演した野外ロックフェスは、FM長崎が主催して2001年8月11日に同地で開催された「Sky Jamboree 2001」で、同様に、10-FEETが初めてトリを務めた野外ロックフェスは2006年8月27日の「Sky Jamboree ‘06」であった。これまで全20回開催されてきたSky Jamboreeに、10-FEETは史上最多となる15回の出演を果たしており、その開催地である長崎市稲佐山公園は、10-FEETにとっても特別な想いと感謝がある場所だ。10-FEETなりの恩返しとして、バンド史上最大級の野外ワンマンライブをそこで行なうこととなる。

なお、最速でのチケット先行販売として、“12時間限定超最速オフィシャル0次抽選先行”が、明日11月19日(月)昼12:00から同日23:59までの12時間限定で受付が行われる。さらに、12月5日(水)に発売されるライブBlu-ray/DVD「OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! VII」の初回生産限定盤には、12月4日(火)昼12:00から行われる抽選先行販売にエントリーできるシリアルコードが封入される。その初回生産限定盤には、2018年6月11日に沖縄・桜坂セントラルで行われたツアー最終公演のダイジェストと、その翌日にツアー大打ち上げとして行われた船上パーティーの模様も含むオフショット映像が、Blu-ray、DVDともに通常盤にたったのプラス199円(税抜)で追加収録されるので、早めに予約してはいかがだろうか。

関連画像

関連記事

関連リンク