星野源、ニューアルバム『POP VIRUS』初回限定盤にスタジオライブ映像&創作密着ドキュメンタリーを収録

2018.11.16 12:11

星野源、ニューアルバム『POP VIRUS』初回限定盤にスタジオライブ映像&創作密着ドキュメンタリーを収録サムネイル画像

『POP VIRUS』特典映像 STUDIO LIVE

ニューアルバム『POP VIRUS』(ポップ・ウイルス)を2018年12月19日(水)にリリース、そして2019年に5大ドームツアーを開催することを発表した星野源。

大ヒットを記録するとともに、シーンに多大な影響を与えた前作『YELLOW DANCER』から3年ぶりの待望のリリースということですでに大きな話題となっており、CDショップやEコマースでは予約が殺到中だ。

リリースに向け、期待が膨らむ中、本日『POP VIRUS』の初回限定盤(Blu-ray/DVD)に収録される特典映像の内容が発表された。ものづくりにこだわる星野源らしい、様々な企画を収録してきた特典映像だが、今作では完全撮り下ろしによる2タイトルが収録される。

「星野源 Live at ONKIO HAUS Studio」は星野源のレコーディングやライブでおなじみのバンドメンバーが集結し、レコーディングスタジオ「音響ハウス」において、全11曲をパフォーマンス。大規模なライブ会場とは違い、レコーディングスタジオならではの空間で、星野やバンドメンバーをより近くに感じることができるライブ映像は必見だ。さらに「肌」や「KIDS」などライブで初披露となる楽曲も収録されている。

そしてもう一つのタイトルが創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」。星野源の友人「ニセ明」が新曲制作のためにある場所へ。ニセ明が集めた、とある“仲間たち”の協力を得ながら新曲を作り上げる姿に密着したドキュメント。はたして新曲は本当に完成するのか…?

なお、これら2タイトルは星野源の作品ではおなじみの、映像ディレクター山岸聖太が担当。さらに、星野源と山岸聖太によるコメンタリーも収録されており、それらを含めると約200分近く楽しめる大ボリュームな映像作品となっている。

関連記事

関連リンク