鶴瓶、結婚発表直前の木南晴夏の発言明かしツッコミ「ええ加減にせえよ」

2018.11.14 17:40

鶴瓶、結婚発表直前の木南晴夏の発言明かしツッコミ「ええ加減にせえよ」サムネイル画像

山田孝之

13日深夜に放送された『巷(チマタ)の噺』で、山田孝之と笑福亭鶴瓶が木南晴夏について語った。

番組内では鶴瓶が木南のことが好きだという話題になり、以前鶴瓶とムロツヨシが飲んでいた際、ムロがメールで木南を呼び出したエピソードを語り始めた。

鶴瓶は「ふっと現れてん、10時過ぎに」と夜に木南が飲みの席に加わったとして、「で、喋ってたら『昔は男前好きだったけど、今はもうイケメンとか関係ないんです』って」と木南が今は男性の顔にこだわっていないという発言をしていたと明かした。鶴瓶が「言うた次の日に…」と続けると山田は「究極のイケメンと結婚しましたね」と、木南と玉木宏が結婚したことに触れた。

鶴瓶が「玉木宏やで、究極のイケメンやん」と結婚前夜の会話との矛盾を嘆き、「俺電話したもん、『お前ええ加減にせえよ』言うて」と木南に電話でツッコミを入れたと話すと山田は「女優ですから」とコメント。これに鶴瓶も「女優やなぁ」と頷いて見せた。

鶴瓶は以前同番組でベッキーの誕生日会に参加したことについて語っており、「1番年上やし、ベッキーの誕生日だから払いに行ったら、もう払ってました、上戸彩」「ホンマ俺に払わしてくれや。俺が払ったら喋れるけど」と、このエピソードをテレビ番組などで話しづらくなると話し、笑いを誘っていた。

関連画像

関連記事