手嶌葵が恋をした映画音楽のカバーアルバムが完成!平井堅とのデュエット曲も収録

2018.11.14 12:00

手嶌葵が恋をした映画音楽のカバーアルバムが完成!平井堅とのデュエット曲も収録サムネイル画像

手嶌葵

2012年にリリースした「Miss AOI -Bonjour, Paris!」に続く、映画音楽カバーシリーズ待望の第4弾『Cheek to Cheek ~I Love Cinemas~』が12月19日に発売決定。

“今、手嶌葵が歌いたい映画音楽”をコンセプトに、表題曲となるジャズスタンダードの金字塔「Cheek to Cheek」(映画「トップハット」より)をはじめ、ディズニーアニメの名曲「Kiss The Girl」(映画「リトル・マーメイド」より)や、ラナ・デル・レイのオルタナティブ・ロック・バラッド「Young and Beautiful」(映画「華麗なるギャッツビー」より)など、時代もジャンルも幅広くセレクトされた珠玉のカバーアルバムが完成。今作はアレンジャーに梅林太郎、鈴木正人、兼松衆、オオニシユウスケら気鋭のクリエイターを迎え、現在の日本のポップスシーンを牽引する豪華ミュージシャンたちが集結。さらに楽器とボーカルの1発録りセッションという贅沢なレコーディングが実現。カバーアルバムでありながら、コンテンポラリーで良質でオリジナルな香りを持つ、新たな手嶌葵ワールドが完成。

さらにスペシャルトラックとして、平井堅をゲストボーカルに迎えた贅沢なデュエット「Cheek to Cheek (duet version)」が収録される。2017年に平井堅のシングルカップリング曲「ほっ」にコーラスで参加。その縁で今回夢の豪華デュエットが実現した。初回限定プレミアム盤はLPサイズの大型ジャケット、高音質SHM-CD仕様、さらにボーナスディスクにインストを収録した2枚組。撮り下ろしフォト満載の歌詞カードやポスターも封入された、まさにプレミアムなコレクターズアイテムとなる。

12月1日からは『手嶌葵 Concert Tour~Cheek to Cheek~』が地元、福岡より開催となる。年内12月には福岡、東京、大阪で、年明け1月には横浜にての開催が決定している。

【平井堅コメント】

立つ為に、より秀でる為に、大声を張り上げてみたり、こぶしを回して技巧を見せつけてみたり、過剰に感情を込めてしまったり、我々歌手にとって“歌う”と言う行為は自己顕示の発露であり、それが結果、聞き手のイメージを狭めてしまう怖れがあります。

手嶌さんの歌を聴いていると、そんな僕のエゴイズムが粉々に打ち砕かれるのです。あんなに優しい歌声なのに、まるでハンマーです(笑)。手嶌さんとなら何を歌っても楽しいですが、今回4ビートのスタンダードジャズと言うのも個人的に新鮮で、ウキウキしながら歌いました。まさに、I’m in heaven

【手嶌葵コメント】

「Cheek to Cheek」は、私の大好きな映画音楽のcoverアルバムです。年代の古い作品も多いですが、アニメーションやリメイク作品など新しい映画音楽も今回coverさせて頂きました。

ロマンティックな曲を素敵なミュージシャンの皆さんとセッションのようにレコーディングもさせて頂き、贅沢でとても幸せでした。私の幸せをお裾分けしたい!冬の季節に大切な方々とゆっくりと聞いて頂けると嬉しいです。

関連画像

関連記事

関連リンク