星野源、深夜ラジオでの最後の言葉にファン感涙「嬉しかった」

2018.11.7 20:50

星野源、深夜ラジオでの最後の言葉にファン感涙「嬉しかった」サムネイル画像

星野源

6日深夜に放送されたニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演した星野源の発言がファンの間で反響を呼んでいる。

番組終盤、星野は「『POP VIRUS』って説明する時もそうだったんですけど」と12月にリリースされる新アルバムのタイトルについて触れながら、「色んなところでね、『去年ちょっと大変だったんですよ』みたいな話をしてますけれども」とアルバムのタイトルの理由について語る際に、昨年の辛かった時期を振り返っていると話した。

続けて「実際もう乗り越えたっていうのはありますし」と言い、「あとね、ライブ会場、そしてこのラジオという場所にいる時は本当に楽しかったです」と明かすと、「ラジオはいっつも疲れて来るんだけど」として「終わると元気になるんですよ、マジで」と大変な時期でもライブとラジオの生放送は心から楽しめたと語った。

さらに、「本当にみんなのメールとかジングルとかですね、色んなもので僕は本当に元気をいつももらっていました。これからももらっていきたいと思っております。なので、これからも星野源を何卒よろしくお願いします」とリスナーへメッセージを送った。

この放送にファンはTwitterで「源さんの最後の言葉 沁みる そして、泣けるーーー」「最後の源ちゃんの言葉には泣けたよ」「グッときました」「皆に向けて言ってくれたことがとても嬉しくて、そして気遣いに泣けたよね」「嬉しかった 本当に源ちゃんは優しい」などのコメントを寄せている。

以前、同番組では親交の深い生田斗真が登場し、2人でハワイに行ったと明かした際、その経緯について「もうこの世の終わりみたいな顔してて」と明かし、星野は「辛かったから去年。辛いピークだったのよ、あの時が」と精神的に追い詰められていたと話していた。

関連画像

関連記事