オードリー若林、タモリの言葉に救われた過去明かし、ネット反響「グッときた」

2018.11.7 18:06

オードリー若林、タモリの言葉に救われた過去明かし、ネット反響「グッときた」サムネイル画像

若林正恭

6日に放送されたフジテレビ系『セブンルール』に出演したオードリーの若林正恭がタモリとのエピソードを語った。

番組では、“馴染めない環境で助けてくれた人”についてトークを展開。これに若林は「『笑っていいとも!』が最初“陽”の感じがすごくて全然馴染めなくて」と、タモリがMCを務めた昼の生放送番組『笑っていいとも!』のレギュラーなった頃に、番組の明るい雰囲気に馴染めなかったと話した。

続けて「それでCM中にタモリさんに『お前、いいともバカにしてるだろ?』って言われて、『やべえ』と思ったんですよ」と怒られるのではないかと思ったところ、「いや、それが良いんだよ」とタモリに言われたとして「『あ、良いんだ』と思って。で、なんか楽になりました」と明かした。

若林は「結構、怒られててスタッフさんに。『声出して』って」と明るく振る舞うように指摘されいたそうだが、「(タモリに)『それで良いんだよ』って言われて」「すごい感謝してますね、本当に」と自分の個性を認めてくれているようなタモリの言葉に救われたと振り返った。

この放送にTwitterでは「やっぱりタモリ好き!サイッコー」「やー、デカい!」「グッときた」「タモさんってホントすごい人なんですね」などの声が上がっていた。

タモリについては他の芸能人も語っており、以前星野源がラジオ番組で「さすがなんですよ。本当にさすが。本当にさすがとしか言いようがない!大好き!って思いました」と共演時の自身の楽曲の歌詞に関してのタモリの言葉を絶賛していた。

関連画像

関連記事