SKE48須田亜香里、写真集が売れなかったことでついたフレーズ「2位なのに…」

2018.11.6 20:30

SKE48須田亜香里、写真集が売れなかったことでついたフレーズ「2位なのに…」サムネイル画像

(c)AKS

5日深夜に放送されたテレビ朝日系『あの話、どうなった?』に出演したSKE48の須田亜香里が、自身のキャッチフレーズについて語った。

番組では、アイドルのキャッチフレーズに関してトークを展開し、話を振られた須田は「ちょっと前だとつけていただいたというか世間の方に言われてたのは『ブスから神7』」と、AKB48グループの総選挙で7位以内に入ったことを交えたキャッチフレーズがついたと明かした。

そして、「つい最近いただいたというか見出しになってキャッチーだったのが、『2位なのに爆死』」だとして「2位なのに写真集が売れなさすぎて」と今年の総選挙で2位に輝いたにも関わらず、写真集がヒットしなかったことによりついたキャッチフレーズだと説明すると共演者たちは笑い声をあげた。

須田は、総選挙で2位にランクインした際、ブログに「今年の私とSKEに必要な2位になりそうな予感。この位置から改めて大切に全力で届けるからね!より一層二位が本当に嬉しい!!!!」「そして今は、頑張れ!じゃなくて 応援するよ!この言葉が一番心強いです。どうか頼らせてください よろしくお願いします!」とファンへメッセージを送っていた。

関連画像

関連記事