キンプリ平野紫耀、母親を彼女と間違われSNSに投稿された過去明かす

2018.11.5 20:10

キンプリ平野紫耀、母親を彼女と間違われSNSに投稿された過去明かすサムネイル画像

3日に放送された日本テレビ系『メレンゲの気持ち』にKing & Princeの平野紫耀が出演した。

番組では、平野がゲスト出演し、様々な噂について検証していった。その中に、“年上女性と二人暮らし!?”というトピックスがあり、平野は「書き方がちょっとあれですけど」と笑顔を見せながら「おばあちゃんです」と祖母と2人暮らしだと明かした。

その後、「おばあちゃんは66(歳)です」と話し、名古屋に住む母親についても「お母さんは40(歳)ですね、今」と家族の年齢を明かすと、「若い」と驚きの声が上がった。

平野は「結構友達からTwitterとかのスクリーンショットで送られてきたりとかして、『平野ショッピングモールに彼女と出歩いてる』みたいな」と母親が若いため、一緒に買い物に行くと彼女と間違われ、SNSに投稿されてしまったことがあると語り、困惑した様子を覗かせた。

この放送にTwitterでは「紫耀クンのお母さん、彼女と間違われるほど若いの?!」「平野紫耀、お母さん40歳………」「ちょっとショックだわ~~~」「平野紫耀タメなのに母の歳全然違う〜(笑)」などのコメントが見られた。

平野は以前にも、テレビ番組に出演した際、家族の呼び方について語っており、「おじいちゃんも“ゾウさん”っていう」と、自身の祖父を“ゾウさん”と呼んでいると発言し、ネットでは「もっと詳しく説明してww」「紫耀ちゃんワールド炸裂」など反響を呼んでいた。

関連画像

関連記事