横山だいすけ、夏フェスで起きた事件を語る「失笑が会場に…」

2018.10.30 21:10

横山だいすけ、夏フェスで起きた事件を語る「失笑が会場に…」サムネイル画像

横山だいすけ

29日、日本テレビ系『世界まる見え!テレビ特捜部』に出演した“歌のお兄さん”こと横山だいすけが『半端ない経験』を語った。

番組内で横山は『最近あった半端ない経験』について聞かれ、「今年の夏に北海道で音楽フェスに出たんですけども」と音楽フェスに出演したことを明かし「当日、記録的な豪雨になっちゃって。もう雨がすごくて」と、フェスの当日に激しい雨が降ってしまったと語った。

雨が降る中、横山が1曲目に披露した歌が『にじのむこうに』という曲だったと話し「その歌い出しが『雨が上がったよ』っていう歌い出しで」と、当日の天気とは真逆の歌詞だったことを説明。横山は「失笑が会場に響き渡っちゃって」とフェス会場が微妙な空気になってしまったとコメントし、周囲の笑いを誘った。

テレビ出演やミュージカルなどで幅広い活動を行っている横山は、2018年から2019年にかけてミュージカルコンサートツアーの最新シリーズ『だいすけお兄さんの世界迷作劇場2018-19』が開催中だ。

関連画像

関連記事

関連リンク