海外メディアが絶賛のSTARMARIE「サーカスを殺したのは誰だ」MVがフランスNOLIFE、NHK国際「J-MELO」で全世界に放送決定

2014.12.3 17:53

海外メディアが絶賛のSTARMARIE「サーカスを殺したのは誰だ」MVがフランスNOLIFE、NHK国際「J-MELO」で全世界に放送決定サムネイル画像

フィリピンのBEST OF ANIMEで共演したビジュアル系バンドheidi.とのツーマンライブ@渋谷RUIDO K2でフラゲDAYを迎えたSTARMARIEのニューシングル「サーカスを殺したのは誰だ」が12月3日発売となり、同日iTunes、レコチョクを初め国内の主要配信サイトで音楽配信も始まった。

フィリピン3回・アメリカ3回・台湾2回と海外公演に力を入れているSTARMARIEは日本でのCD発売、音楽配信に先立ち11月26日、日本を除く世界中のiTunesとSpotifyで「サーカスを殺したのは誰だ」を配信開始した。また、11月27日にミュージックビデオ(監督:椎葉智)を公開し、アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・イタリア・フィンランド・ドイツ・スウェーデン・ポーランド・ブラジル・インドネシアと11か国22媒体で大きなニュースとなった。

イタリアOrgioNerd誌は「STARMARIEは日本のアイドルの概念を打ち破る悲しくゴシックな雰囲気を持っている」、インドネシアTODAY IDOL誌は「この曲は、37曲中21曲で歌詞の中で人が死んでいるSTARMARIEのダークファンタジーの代表曲となるだろう」、スウェーデンIkikata誌は「このミュージックビデオは素晴らしい!」、インドネシア最大のエンタメ媒体KapanLagiは「このミュージックビデオはホラー映画のようだ」など、それぞれコメントを寄せている。

海外で話題が先行しているミュージックビデオは、11月28日金曜 フジテレビ「ミューサタ」でのオンエアを皮切りに、様々な番組での放送が決定している他、カラオケの鉄人全店にてCMが放送開始予定となっている。

また、「サーカスを殺したのは誰だ」シングルCDに、「狂おしき月下の舞踏会」とともに収録されている「余命124日のシンデレラ」は、12月1日から、テレ玉「ごごたま」(毎週月曜~金曜16時30分~17時45分)内の首都圏トライアングル天気予報BGMに採用されている。

STARMARIEは年末年始にかけイベント・ライブを精力的にこなしていく予定だ。

関連画像