マツコ・デラックス、遺産相続について発言「残った金は…」

2018.10.25 17:34

マツコ・デラックス、遺産相続について発言「残った金は…」サムネイル画像

マツコ・デラックス

24日に放送されたテレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』に出演したマツコ・デラックスが“終活”について語った。

番組では、視聴者からメールをもとに「お金持ちの家庭に生まれた人はいつまでも勝ち組なのか?」というテーマでトークを展開した。

すると、遺産相続をめぐる裁判などについて話題が及び、マツコは「よかったぁ、もう私残す人もいないし。1代で終わりよ。よかったよかった。兄弟もいないし。なーにも揉めない」と遺産の相続権がある人物がいないため、争いごとが起こらないとコメント。

これに有吉弘行が「終活しないの?」と切り出すと、マツコは「終活はね、でも本当考えた方がいいなと思ってる」「責任とっとかなきゃなぁとは思う。どうするのかとかね、遺体をね。あと残った金はどうするのかとかさ」と遺産などについて考えなくてはいけないと話し、「そのまんまさ、国庫とかに取られても嫌だしね。ちゃんと然るべきにいった方がいいじゃない」と、自分の遺産が国の管理下に置かれてしまうことに懸念を示した。

マツコは、以前別番組でも遺産相続について話しており、レギュラー番組で共演している関ジャニ∞の村上信五に「遺産を渡す」と発言し、その真意について村上は「『でも頼むから。金渡しゃあいいんだろう? 看取ってくれ』『遺産も全部渡すから、全部面倒見てくれ』という意味で」と説明していた。

関連画像

関連記事