“ミュージカル界のプリンス”山崎育三郎「めざましライブ〜日本お元気キャラバン in 京都・北野天満宮」に出演!

2018.10.24 12:15

“ミュージカル界のプリンス”山崎育三郎「めざましライブ〜日本お元気キャラバン in 京都・北野天満宮」に出演!サムネイル画像

山崎育三郎

ミュージカル界のプリンスと称され、圧倒的な歌唱力と甘いマスクで人々を魅了する山崎育三郎と、目が見えない14歳のシンガー・わたなべちひろの2組が、10月21日開催の『めざましライブ〜日本お元気キャラバン in 京都・北野天満宮』に出演した。

今回の開催地、京都は観光都市ランキングで2年連続世界1位になった文化都市。そして、北野天満宮は全国天満宮の総本社としても知られ、現在は日本の伝統文化と食・アート・音楽が融合したフェスティバル『KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018』が開催中(2018年12月2日まで)ということもあり、大変な賑わいをみせていた。

爽やかな秋晴れの下、厳かな雰囲気に包まれた「紅梅殿」に設けられた特設ステージに最初に登場したのは、中学2年生の天才シンガー・わたなべちひろ。編成はピアノ1本、歌声1本。カバー曲「Imagine」「Sunrise」「You Raise Me Up」を、わたなべちひろにしかできない、ハートフルでパワフルな表現力で披露。魂が宿る生き生きとした歌声がオーディエンスの心に染み渡った。MCでは「皆さん、こんにちは!わたなべちひろです!今日は短い時間ですが、宜しくお願いします!」と元気よく挨拶。最後にはオリジナル曲「You will always be the one」を北野天満宮に響かせ、音楽に対する強い想いを感じさせた。

続いては、『めざましテレビ』の人気コーナー“めざましじゃんけん”。今回のMCを務めたフジテレビアナウンサー軽部真一と堤礼美の2人が「この後は山崎育三郎さんの登場ですが、その前にゲームをして皆さんと心を1つにして山崎育三郎さんを迎えようではないですか!」と呼びかけ、観客全員とじゃんけん対決。優勝者には特製「めざましグッズ」がプレゼントされた。そして、いよいよミュージカルが大好きという軽部アナ、堤アナも楽しみにしていたメインアクト山崎育三郎のパフォーマンスへ。

ピアノの音色とともに颯爽と山崎育三郎が登場し、「Congratulations」からライブがスタート。次に「君は薔薇より美しい」を力強く披露しすると「凄くないですか、この会場、素敵すぎる。皆さんも素敵!気持ちいい最高の天気ですね!僕にとってはこういうライブの場はご褒美です。京都でのライブは初めてで凄く楽しいです」と語り、続いてミュージカル『モーツァルト!』からのバラードソング「何故愛せないの」を披露。豊かな表現力で会場はあたかも劇場に変化したかのようだった。

そして、この日のためにステージにセットされていた大きな“いけばな”は池坊のイケメン華道男子IKENOBOYSが創作した“いけばな”で、山崎育三郎が最後の一輪を挿し完成させる演出で会場に色彩豊かな華道の世界をプレゼントした。

次は「全国どこに行っても皆さん一緒に歌ってくださる曲。『美女と野獣』のナンバーをここにいるベルたちと歌いたいと思います。今日は助っ人をお呼びしました!軽部アナウンサー、堤アナウンサー、どうぞ!」と2人を呼び込み、大ヒットナンバー「美女と野獣」を本日限りのスペシャルな3人とオーディエンスで熱唱した。7月に発売したばかりのアルバム『I LAND』からは軽快なサウンドのポップソング「smile」、そして、スウィングのリズムが印象的な「TOKYO」で会場をジャジーにロックに盛り上げた。

アンコールでは『めざましテレビ』の25周年企画「日本つながるプロジェクト」第四弾応援ソングに決定した「I LAND」を、ミュージカルの素敵な世界へ誘うように披露し、『KYOTO NIPPON FESTIVAL 2018』とコラボレーションした『めざましライブ〜日本お元気キャラバン in 京都・北野天満宮』を熱気そのままに締めくくった。

なお、11月25日(日)午後8時からCS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメにて山崎育三郎のライブの模様に加え、コメントや当日のドキュメントなどもあわせた60分特番が放送される。フジテレビTWOsmartでも同時配信されるので、ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

関連記事