島崎遥香、米倉涼子とドラマ共演2ショット公開「ドキドキしちゃって…」

2018.10.23 11:55

島崎遥香、米倉涼子とドラマ共演2ショット公開「ドキドキしちゃって…」サムネイル画像

(c)テレビ朝日

ある理由で資格を剥奪されたスキャンダラスな元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が、ワケありの弱小弁護士集団をこき使いながら、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描くテレビ朝日系『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』。

その第4話(11月1日放送)に、「ぱるる」こと島崎遥香がメインゲストとして出演することになった。島崎が演じるのは莫大な遺産相続をめぐって遺族から訴えられる“一夜妻”、峰島玲奈。茨城から上京し、高級クラブでホステスのバイトをしている玲奈はある夜、人知れず50歳上の会社会長と結婚する。ところが、婚姻届を提出した4時間後に夫が死亡。彼が遺した財産の半分=100億円を相続する権利を持った玲奈は、遺族から“婚姻無効”との争点で訴えられ、翔子率いる「京極法律事務所」に弁護を託すのだが…。

この役を演じるにあたり、島崎はキャバクラと銀座のクラブを訪れて所作などを勉強、さらに「一番難しかった」という茨城訛りも鼻歌で音程を覚えながら習得するなど、全力投球。「映画やテレビで見ていて、ちょっと憧れがあった」という法廷にも立ち、いきいきと芝居を展開した。

米倉涼子と島崎は今回が初共演。初めて生で見る米倉に、島崎はすっかり圧倒されたという。「私、あんまり『ハッ!』ってならないんですけど、初めて米倉さんを見たときに『ハッ!芸能人ってこういう人のことを言うんだ!』って!もう顔が(両手でこぶし大の円を作りながら)こんなに小さくて、脚もすっごく細くて、胸がすごくあって!!」と、うれしそうに話した。その興奮度はMAXだったようで、「撮影初日にすぐ親にも電話して、『なんか…すごかった!』って報告した」と話した。現場では米倉と会話もしたそうだが、「もうドキドキしちゃって、何を話したか覚えてません(笑)」というほど、夢見心地の様子だった。

また、役柄についても「銀座のホステスさんに敷居の高い上品さを感じたので、私も所作など雑にならないように意識して演じました。ただ今回、あんまり色気が出せなかった気がして…。メイクもちょっと大人っぽくしてみたんですけど、会長もゾッコンになるような魔性の女っぽく見えているのかなぁって…。不安です(苦笑)」と話す。そんな彼女は今どんなことで“勝利”を手にしたいか聞かれ、「子どもっぽく見える自分に勝って、大人っぽく見られたい!今24歳なんですけど、未成年に見られることもあるので」と答えた。さらに「それこそ魔性じゃないですけど“ミステリアスな女性”寄りの人になってモテたいです!」と語った。人々をとりこにしてきたアイドル・ぱるるが、大人の女性に成長していく第一歩が今回の第4話でも見られるかもしれないため、ぜひ注目してみてはいかがだろうか。

今週10月25日(木)放送の第3話では、ヤメ検弁護士・大鷹高志(勝村政信)が妻殺しの容疑を否認し、世間から“女の敵”と袋叩きにされている浅野洋平(桐山漣)の弁護を担当。小鳥遊翔子(米倉)率いる「京極法律事務所」は、その調査に協力する。ところが、浅野の供述はでたらめばかりで、裏付けを取ることができず…という展開を見せるという。

関連画像

関連記事

関連リンク