福士蒼汰 “イケメン俳優”と呼ばれる事への葛藤を告白

2018.10.22 18:50

福士蒼汰 “イケメン俳優”と呼ばれる事への葛藤を告白サムネイル画像

19日に放送された日本テレビ系『another sky』に俳優の福士蒼汰が出演し、自身の葛藤について告白する場面があった。

その中で、福士は“イケメン俳優”と呼ばれることについて「客観的に見ると、プラスもあるしマイナスもあるなって思います」と話し始めた。

続けて「もちろん“イケメン俳優”ってものすごく強い肩書なので、呼ばれることはいいことだと思うんですけど、でもそれによって『イケメンでしかない俳優』とも思われる」と、見た目だけの評価だと思われることに戸惑いがある様子を見せた。

福士は「25(歳)になって、もちろん理想も見るけど現実も見れる歳になってきてるから、不安というかどうなっていくんだろうっていう、色んな可能性がリアルに眼の前に見えてきて」と、今後のキャリアに不安と期待があると話し、現在はアメリカでの生活も視野に入れていると明かしていた。

福士は26日に公開される映画『旅猫リポート』に出演。福士は、ある事情から愛猫ナナを手放さなくてはならなくなり、新しい飼い主を探す旅に出る主人公・悟役を演じている。

関連画像

関連記事