チャットモンチー、ラストワンマン武道館公演を収めた映像作品のダイジェストムービーが公開

2018.10.22 18:00

チャットモンチー、ラストワンマン武道館公演を収めた映像作品のダイジェストムービーが公開サムネイル画像

チャットモンチー

今年7月をもってバンドとしての活動を「完結」させたチャットモンチー。

そんな彼女たちの、7月4日に日本武道館で行われたラストワンマン公演<CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE ~I Love CHATMONCHY~>の模様を収めた映像作品が今週24日に遂に発売される。

そしてその映像作品のダイジェストムービーがYouTubeで公開された。すでに伝説となりつつあるこちらの公演だが、「チャットモンチーの過去と現在と未来のすべてを描いてみせた」(ライナー・ノーツより)ライブが、全20曲+MCまで完全収録されているばかりか、約30台のカメラ映像を丁寧に編集し、当日行われた生中継とは大きく異なる決定版の編集になっており、期待が寄せられている。

ラストワンマンのステージは、最終形態となった橋本&福岡の“チャットモンチー・メカ”を皮切りに、アコースティック、ストリングスを加えた“チャットモンチー・アンサンブル”、恒岡章(Hi-STANDARD)との3ピース、“チャットモンチー・アンサンブル”+恒岡の大編成と、次々と変身を繰り返す。

そしてピアノ弾き語りでのアンコール最終曲「サラバ青春」では、誰もが涙を禁じえなかったこともまだまだ記憶に新しい。もちろんプレミアムチケットとなった公演だけに、当日運良く会場に足を運べたファンはもちろん、ライブ・ビューイングでの参加、もしくは会場に来れなかったファンにとってはついにあの日の追体験がじっくりできるとあってまさに待望の商品化に他ならない。付属のフォトブックとともに、伝説の一夜を改めて体験してみてはいかがだろうか。

さらにタワーレコード新宿店とタワーレコード梅田大阪マルビル店ではこの作品のリリースを記念して、衣装展示会も開催されることが決定した。新宿店では、ラストワンマン公演第一部で橋本&福岡が着用した衣装、そして、梅田大阪マルビル店では第二部で着用した衣装が展示されるという。

関連画像

関連記事

関連リンク