斉藤和義 25周年ツアーで初披露された「カラー」とオリコン1位のアルバム「Toys Blood Music」 のライブ作品が同時リリース決定

2018.10.18 20:30

斉藤和義 25周年ツアーで初披露された「カラー」とオリコン1位のアルバム「Toys Blood Music」 のライブ作品が同時リリース決定サムネイル画像

斉藤和義

デビュー25周年を迎えた斉藤和義は、ベストアルバム「歌うたい25 SINGLES BEST 2008~2017」を発表し、そのアニバーサリーツアー『KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~』も完遂。

次は中村達也とのユニット“MANNISH BOYS”の全国22公演のツアー「MANNISH BOYS 2019 TOUR」の開催を発表するなど精力的な活動が続く中、斉藤和義としてキャリア47枚目となるシングル「カラー」と「Toys Blood Music」ツアーのライブ作品を11月28日に同時リリースすることが明らかとなり、最新ジャケットアートワークが公開となった。

ライブでのみパフォーマンスされファンの間で話題となっている最新曲「カラー」。これは有村架純と國村隼のW主演にて、11月30日(金)に全国公開される映画『かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―』の主題歌として書き下ろし提供した。

これに加えて25周年ライブツアーのアフターパーティとして9月19日に札幌のみで、斉藤和義、隅倉弘至、玉田豊夢の3ピースで開催された「KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~ After Party at Zepp Sapporo」のまたとない貴重なライブ音源を初回限定盤には11曲、通常盤には4曲収録したシングルをリリース。

また、オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得した、通算19枚目のオリジナルアルバム「Toys Blood Music」をひっさげたワンマンライブツアー「Kazuyoshi Saito LIVE TOUR 2018 “Toys Blood Music”」の中から、6月2日、山梨県・山梨コラニー文化ホールでのライブアクトを収録し、Blu-ray、DVD、LIVE CDの3形態でリリースする。

バンドメンバー、真壁陽平(Gt)、崩場将夫(Key)、山口寛雄(Ba)、河村吉宏(Dr)とともに、3月30日(金)の埼玉県・川口総合文化センターリリアを皮切りに、7月31日(火)香川県・レクザムホールまで約4ヶ月間にわたり41都市47公演にて繰り広げられたツアー。同アルバムのレコーディングではドラムマシン「LINN DRUM」、リズムマシン「Roland TR-808」、moog等のアナログシンセサイザーをシンクロさせ打ち込みサウンドに意欲的に取り組んだ19枚目のアルバムにして初の試みで実験的とも言えるものだったが、バンド生演奏と打ち込みが見事に組み合ったライブパフォーマンスで再現されている。

そして、このリリースキャンペーンとしてシングル「カラー」を購入した方と、ライブ作品(Blu-ray、DVD、CDのいずれか)をダブルで購入した方には様々なグッズが当たる期間限定のキャンペーンも実施される。詳細は追って発表となるので続報を待ってほしい。

関連記事