アイドリング!!!涙の菊地亜美卒業ライブ開催!菊地卒業後初のシングル「ユキウサギ」を初パフォーマンス

2014.11.25 20:17

アイドリング!!!涙の菊地亜美卒業ライブ開催!菊地卒業後初のシングル「ユキウサギ」を初パフォーマンスサムネイル画像

11月24日(月・祝)、結成9年目に突入したアイドルグループ「アイドリング!!!」の14回目となる大型ライブ『アイドリング!!!14th LIVE 井の中のアイドリング!!!大海でバタアシング!!!』(会場:NHKホール)が昼夜二回の公演で合計6300人を動員した。夜の部ではアイドリング!!!のバラエティ担当だった16号・菊地亜美の卒業ライブが行われ、それに先立つ昼の部では、菊地亜美と同期で2008年に加入した2期生メンバー5人(12号・河村唯/13号・長野せりな/14号・酒井瞳/15号・朝日奈央/17号・三宅ひとみ)がメインヴォーカルを務めるニューシングル「ユキウサギ」(12月24日(水)リリース)がおよそ3000人の前で初披露された。

菊地亜美卒業後の22人体制で初めてとなるアイドリング!!!の新曲「ユキウサギ」は、心の中に仕舞ったまま、募る想いを声に出せずにいる女性の淡く切ない恋心を綴った、季節感とかわいさの溢れる「アイドリング!!!史上最高に“ピュアすぎる”ウィンターラブソング」。

初披露に当たり、アイドリング!!!最年長メンバーの酒井瞳は「酒井瞳25歳!!かわいく路線変更して人生を変えたいと思います。」と宣言し、会場は大爆笑に包まれた。またメンバーの中でも最も菊地亜美と仲の良かった三宅ひとみは「ずっとメインヴォーカルを夢見て、あみみとがんばってきたので、2期生の底力を見せたい!」と、楽曲のかわいらしさとは対照的に力強く宣言。

会場全体がカラフルなサイリウムと温かい雰囲気に包まれたパフォーマンスのあと、長野せりなからは、「6年半ずっと端っこで踊っていて、今回初めてセンターで踊らさせて頂いて、もう思い残すこと無いです。」と高いテンションでの仰天発言が飛び出した。「ユキウサギ」は12月24日(水)にリリースされる。

関連画像