恋する萬平を演じる長谷川博己に視聴者悶絶!『まんぷく』第1週に反響

2018.10.7 18:45

恋する萬平を演じる長谷川博己に視聴者悶絶!『まんぷく』第1週に反響サムネイル画像

(c)NHK

10月1日(月)~10月6日(土)に放送されたNHK連続テレビ小説『まんぷく』。

2014年に映画『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞するなど、演技力が高く評価されている女優・安藤サクラを主演に迎え、“インスタントラーメン”を生み出した夫婦の知られざる物語を描く。何度も失敗してはどん底から立ち上がる“敗者復活戦”を繰り返した末、世紀の大発明へとたどりつく、2人の人生大逆転の成功物語だ。

いよいよ今週からスタートしたということで、大きな注目を集めた第1週では、三人姉妹の末っ子で、貧しいながらも愛情をいっぱいに受けておおらかに育ったヒロイン・今井福子(安藤サクラ)が、姉の結婚式に写真をスクリーンに映し出せる新型の幻灯機を使って出し物をしようと考え、幻灯機を作った立花萬平(長谷川博己)と出会う…という展開が描かれた。

放送開始前から、期待の声が数多くSNSに投稿されていた本作だが、開始後にも様々なコメントが寄せられており、その中でも視聴者から反響の大きかったシーンを振り返ってみる。

【姉・咲の結婚式】

早くに亡くなった父の代わりに、貴金属店で働いて今井家を支えてきた長女の咲(内田有紀)の結婚が決まったのだが、母親・鈴(松坂慶子)のが突然の腹痛を訴え、家族は振り回されることに。やっと迎えた結婚式で、福子は咲へ幸せになってほしいと感謝の想いをスピーチする。

このシーンに視聴者はTwitterで「やばい!鳥肌立った。素敵な結婚式」「結婚式シーンは涙がぽろぽろ・・」「即興でお話できる福ちゃんの聡明さ」「朝観て泣いたのに、また今観て泣いている」「結婚式にこんな話をしてくれる妹欲しい」など感動の声が相次いでいた。

【福子と萬平の再会】

咲の結婚式の出し物のために出会った2人は3年後に福子が働くホテルで再会する。一目で福子だとわかった萬平は、別れ際に「福子さんはご結婚は?結婚はされてるんですか?」と質問し、福子が「まだです」と答えると嬉しそうな表情を浮かべた。

このやりとりにTwitterでは「二人可愛いかった」「こっちまでニヤけてしまう」「萬平の笑顔の破壊力半端ないーー」「萬平さんのこの表情がたまりません」「笑顔が抑えきれない立花さん(ハセヒロ)が可愛すぎる」といったコメントが数多く投稿されており、2人の関係を見守る視聴者が多いようだ。

今週は、今後夫婦となる福子と萬平の出会いや家族との関係を中心にストーリーが展開したが、来週は、萬平に交際の申し込みをされ、混乱の日々を送る福子や、肺結核にかかった咲、看病に明け暮れる家族が描かれるという。NHK連続テレビ小説『まんぷく』は月曜日〜土曜日の午前8時より放送中だ。

関連画像

関連記事