元SKE48の“総選挙圏外”メンバーがある仕事に転身し現在の高額な年収告白

2018.10.3 20:20

元SKE48の“総選挙圏外”メンバーがある仕事に転身し現在の高額な年収告白サムネイル画像

2日深夜に放送されたTBS系『有田哲平の夢なら醒めないで』に出演した元SKE48の平松可奈子が卒業後の収入について明かした。

平松はSKE48の選抜メンバーとして活躍し、2013年に22歳で卒業。その後、109系のアパレルブランドでキャラクターTシャツなどをプロデュースしたところ、売り上げが数十倍になり成功を納め、現在では様々な商品のプロデュースを行なっているという。

平松は「芸能人さんはプロデュースする時って、やっぱその人の名前が1番の価値じゃないですか」「私は(総選挙)圏外の人間なんです。一般人に限りなく近いので一般人の人が求めるものがわかるから、売れるものが作れるだけで」と自身の成功の秘訣を語った。

そして、現在の年収について2000万円だと明かされると、スタジオでは驚きの声が上がっていた。

具体的な給与事情を暴露した芸能人は他にもおり、サンシャイン池崎は過去に番組内で収入についての話を振られると、「先月の月給は262万エーーン!」と、自身のネタを交えながら告白していた。

関連画像

関連記事